ニュース

中級山岳区間のブエルタ第8ステージは逃げ切ったフランスのアラフィリップが区間初優勝

レース
 
第72回ブエルタ・ア・エスパーニャ(UCIワールドツアー)は、8月26日にエリンからショレト・デ・カティ(コスタ・ブランカ・インテリオール)までの199.5kmで中級山岳区間の第8ステージを競い、逃げ切ったフランスのジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ)が、ゴール勝負でヤン・ポランツェ(UAE・チームエミレーツ)とラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)を下し、グランツールで区間初優勝した。

総合首位のマイヨ・ロホは英国のクリストファー・フルーム(チームスカイ)が守った。



アラフィリップは35km地点で集団から逃げ出した21選手の1人だった。スタートして1時間は高速ステージで、平均時速は49.8km/hだった。逃げには総合成績でフルームよりたった3分3秒しか遅れていないネルソン・オリベイラ(モビスターチーム)が加わっていたため、集団は逃げを容認したものの、大差を付けさせはしなかった。

ゴールまで残り6.3kmのアルト・ショレト・デ・カティ(カテゴリー1)の登坂で、逃げ集団からアラフィリップとマイカが抜け出し、2人で山頂を通過。下りでポランツが合流したが、彼もマイカもゴールスプリントではアラフィリップの敵ではなかった。

残り100メートルのカーブの手前でスパートして先頭に出たアラフィリップは、ライバルに2秒差を付け、やすやすと区間優勝を手に入れた。25歳のアラフィリップは、今季パリ〜ニースの山岳タイムトライアルで区間優勝し、総合5位になった。彼はミラノ~サンレモでも3位で表彰台に上がったが、膝の故障でアルデンヌ・クラシックとツール・ド・フランスは欠場していた。

メイン集団では、最後のアルト・ショレト・デ・カティ(カテゴリー1)でアタックしたマイヨ・ロホのフルームに、ついて行けたのはコンタドールだけだった。彼は山頂でフルームにわずかに引き離されてしまったが、下りですぐ合流し、フルームと一緒にゴールした。

コンタドール以外の総合上位選手はフルームよりもわずかに遅れてゴールし、タイム差を広げられてしまっている。


第8ステージはフランスのワレン・バルギル(チームサンウェブ)が、チームの決定により出走しなかった。チームは彼がチームの目標に従ってレースをしないことを公然と示したため、この決定以外の選択肢がなかったと発表している。

バルギルは前日のステージで、パンクに見舞われたエースのウィルコ・ケルデルマン(チームサンウェブ)を待たなかった。さらにバルギル自身も「僕は自分自身を異なった役割とみなし、山岳でアタックすることを熱望している」と、言っていた。彼は総合14位のケルデルマンより2秒少ない1分43秒差で総合13位に付けていた。

この日は前日の落車で肩甲骨を骨折したノルウエーのスヴェンエーリク・ビストラム(チームカチューシャ・アルペシン)も出走せず、183選手がスタートした。今年のブエルタは例年通りの暑さに見舞われ、第8ステージも37度Cだった。


■グランツール区間初優勝した25歳のアラフィリップのコメント「信じられないよ。今日のステージで勝てるとは期待していなかった。僕にはちょっと難しかった。ここ2〜3ステージは調子がいいと感じていなかったんだ。でも、それはみんな同じだと思う。このブエルタがスタートしてからずっとチームは素晴らしい状態にある。僕たちは常に前にいる。

僕にとっては明日のほうが向いていると思っていたんだけど、今日は40kmで大きなグループが逃げ出した。前に入るのをトレンティンが手伝ってくれたんだ。信じられないよ。僕たちはもう区間3勝した。そしてそれはまだ終わりじゃない」

 

■第8ステージ結果[8月26日/エリン~ショレト・デ・カティ(コスタ・ブランカ・インテリオール)/199.5km]
1 ジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ/フランス)4時間37分55秒
2 ヤン・ポランツェ(UAE・チームエミレーツ/スロベニア)+2秒
3 ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ/ポーランド)+2秒
4 セルジュ・パウエルス(チームディメンションデータ/ベルギー)+26秒
5 ネルソン・オリベイラ(モビスターチーム/ポルトガル)+28秒
6 マイケル・クレデル(アクアブルースポート/オランダ)+32秒
7 マキシム・モンフォール(ロット・スーダル/ベルギー)+32秒
8 バルト・デクレルク(ロット・スーダル/ベルギー)+34秒
9 アルベルト・ロサダ(チームカチューシャ・アルペシン/スペイン)+37秒
10 エマヌエル・ブフマン(ボーラ・ハンスグローエ/ドイツ)+1分04秒

13 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード/スペイン)+1分27秒
14 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+1分27秒
16 ビンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ/イタリア)+1分44秒
17 ファビオ・アルー(アスタナプロチーム/イタリア)+1分44秒
18 イルヌール・ザカリン(チームカチューシャ・アルペシン/ロシア)+1分44秒
20 エステバン・チャベス(オリカ・スコット/コロンビア)+1分44秒
23 アダム・イエーツ(オリカ・スコット/英国)+1分55秒
24 マイケル・ウッズ(キャノンデール・ドラパック/カナダ)+1分55秒
25 ウィルコ・ケルデルマン(チームサンウェブ/オランダ)+1分55秒
26 ニコラ・ロッシュ(BMCレーシングチーム/アイルランド)+1分55秒
27 ダビ・デラクルス(クイックステップフロアーズ/スペイン)+1分55秒
29 ティージェイ・バンガードレン(BMCレーシングチーム/米国)+1分55秒
■第8ステージまでの総合成績(マイヨ・ロホ)
1 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)32時間26分13秒
2 エステバン・チャベス(オリカ・スコット/コロンビア)+28秒
3 ニコラ・ロッシュ(BMCレーシングチーム/アイルランド)+41秒
4 ビンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ/イタリア)+53秒
5 ティージェイ・バンガードレン(BMCレーシングチーム/米国)+58秒
6 ファビオ・アルー(アスタナプロチーム/イタリア)+1分06秒
7 ダビ・デラクルス(クイックステップフロアーズ/スペイン)+1分08秒
8 アダム・イエーツ(オリカ・スコット/英国)+1分18秒
9 マイケル・ウッズ(キャノンデール・ドラパック/カナダ)+1分14秒
10 イルヌール・ザカリン(チームカチューシャ・アルペシン/ロシア)+1分57秒
12 ウィルコ・ケルデルマン(チームサンウェブ/オランダ)+2分13秒
17 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード/スペイン)+3分10秒
[各賞]
■マイヨ・ベルデ:マッテーオ・トレンティン(クイックステップフロアーズ/イタリア)
■マイヨ・デ・ルナレス:ダヴィデ・ヴィレッラ(キャノンデール・ドラパック/イタリア)
■マイヨ・コンビナダ:クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)
※第8ステージはヤン・ポランツェ(UAE・チームエミレーツ/スロベニア)が着用
■チーム成績:モビスターチーム(スペイン)
■敢闘賞:プシェメスワフ・ニエミエツ(UAE・チームエミレーツ/ポーランド)
*マイヨ・ロホ(個人総合リーダージャージ)...真紅/マイヨ・ベルデ(ポイント賞ジャージ)...緑/マイヨ・デ・ルナレス(山岳賞ジャージ)...白地に青い水玉/マイヨ・コンビナダ(コンビネーション賞)...白
(http://www.lavuelta.com/la-vuelta/2017/us/)
 

第9ステージはカテゴリー1の頂上ゴール

MAP : Unipublic
MAP : Unipublic
MAP : Unipublic
8月27日の日曜日は、オリウエラ(シウダド・デル・ポエタ・ミゲル・エルナンデス)から標高415メートルでカテゴリー1のクンブレ・デル・ソル(エル・ポブレ・ノウ・デベニタチェル)山頂までの174kmで第9ステージが行われる。

ゴールのクンブレ・デル・ソルへと向かうアルト・デ・プイグ・リョレンサはたった4kmの登坂で平均勾配は9.1%だが、上り始めて1kmで21%の難所がある。
 

第8ステージのハイライト映像


Summary - Stage 8 - La Vuelta 2017 投稿者 la_vuelta