ニュース

ブエルタ第2ステージはベルギーのランパールトがロングスパートを決めて区間優勝し、マイヨ・ロホも獲得

レース
 
 
第72回ブエルタ・ア・エスパーニャ(UCIワールドツアー)は、8月20日にフランスのニームからグリュイッサン、グラン・ナルボンヌ、オードまでの203.4kmで平坦な第2ステージを競い、ベルギーのイブ・ランパールト(クイックステップフロアーズ)が残り1kmからのロングスパートを決めてグランツール区間初優勝を果たした。

ランパールトが所属するクイックステップフロアーズは、初日のチームタイムトライアルで優勝したBMCレーシングチームにたった6秒差だった。

終盤の横風で集団は分裂し、マイヨ・ロホを着ていたオーストラリアのローハン・デニス(BMCレーシングチーム)は13秒遅れでゴール。チームメートのダニエル・オス(BMCレーシングチーム)はランパールトと秒差なしでゴールしたが、区間1位には10秒のボーナスタイムが与えられるため、ランパールトが総合首位に立ち、マイヨ・ロホに袖を通した。
 
photo : Luis Angel Gomez/PGS/BettiniPhoto©2017
 
第2ステージは198選手が出走。快晴で気温は29度Cだった。この日は逃げが成功せず、集団は1つで海岸線を南下した。最初の1時間の平均時速は46.3km/hだった。

残り75kmでトレック・セガフレードが集団を分断しようと試みたが成功しなかった。その直後にクリストファー・フルーム(チームスカイ)がパンクで遅れたが、チームメートの働きですぐ集団に復帰した。

集団では残り60kmで落車があり、大会2日目でモロッコのアナス・エイトエルアブディア(UAE・チームエミレーツ)とスペインのハビエル・モレノ(バーレーン・メリダ)がレースを棄権した。

集団は1つでゴールを目指したが、横風が吹く残り5kmでクイックステップフロアーズがアタックを開始し、集団が分断した。そこから残り1kmでスパートしたランパールトが、スプリンターたちの必死の追い上げを尻目に区間優勝をかっさらってしまった。


■グランツールで区間初優勝した26歳のランパールトのコメント「ステージの間に集団を分断できなければ、残り10kmでトライする計画をチームで持っていた。残り3kmでテルプストラがアタックし、次はアラフィリップだった。ボクたちは少人数で先行した。ランドアバウトの直前に、彼らが僕に「行け! 行け! 行け!」と叫んだんだ。

1kmなら自分がとても速く走れることを知っていた。それをゴールでできてうれしいよ。僕はグランツールのリーダーだとは思わないし、何が起きたのかもわからない。本当にクレイジーだよ。明日は先頭でスタートするんだ。それは僕の競技キャリアで素晴らしい瞬間だ。とても厳しいステージだけど、僕たちはマイヨ・ロホを守る努力をするだろう。それは僕のためではなく、たぶんデラクルスかユンゲルスが(マイヨ・ロホを)取れるだろう」


 

■第2ステージ結果[8月20日/ニーム(フランス)~グリュイッサン、グラン・ナルボンヌ、オード(フランス)/203.4km]
1 イブ・ランパールト(クイックステップフロアーズ/ベルギー)4時間36分13秒
2 マッテーオ・トレンティン(クイックステップフロアーズ/イタリア)
3 アダム・ブライス(アクアブルースポート/英国)
4 エドワード・トゥーンス(トレック・セガフレード/ベルギー)
5 サシャ・モドロ(UAE・チームエミレーツ/イタリア)
6 ミヒャエル・シュワルツマン(ボーラ・ハンスグローエ/ドイツ)
7 トム・ヴァンアスブルック(キャノンデール・ドラパック/ベルギー)
8 ダニエル・オス(BMCレーシングチーム/イタリア)
9 パトリック・コンラート(ボーラ・ハンスグローエ/オーストリア)
10 ビンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ/イタリア)

11 エステバン・チャベス(オリカ・スコット/コロンビア)+5秒
16 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+8秒
19 ファビオ・アルー(アスタナプロチーム/イタリア)+8秒
23 ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ/ポーランド)+8秒
29 アダム・イエーツ(オリカ・スコット/英国)+8秒
48 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+13秒
49 イルヌール・ザカリン(チームカチューシャ・アルペシン/ロシア)+13秒
50 スティーフェン・クラウスウェイク(チームロットNL・ユンボ/オランダ)+13秒
62 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード/スペイン)+13秒
70 サイモン・イエーツ(オリカ・スコット/英国)+13秒
81 ルイ・メインティス(UAE・チームエミレーツ/南アフリカ)+13秒
89 ローハン・デニス(BMCレーシングチーム/オーストラリア)+13秒
■第2ステージまでの総合成績(マイヨ・ロホ)
1 イブ・ランパールト(クイックステップフロアーズ/ベルギー)4時間52分07秒
2 マッテーオ・トレンティン(クイックステップフロアーズ/イタリア)
3 ダニエル・オス(BMCレーシングチーム/イタリア)+3秒
4 ティージェイ・バンガードレン(BMCレーシングチーム/米国)+17秒
5 ニコラ・ロッシュ(BMCレーシングチーム/アイルランド)+17秒
6 ローハン・デニス(BMCレーシングチーム/オーストラリア)+17秒
7 ジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ/フランス)+18秒
8 ウィルコ・ケルデルマン(チームサンウェブ/オランダ)+18秒
9 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+21秒
10 ウァウテル・プールス(チームスカイ/オランダ)+21秒

17 エステバン・チャベス(オリカ・スコット/コロンビア)+26秒
16 アダム・イエーツ(オリカ・スコット/英国)+29秒
20 ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ/ポーランド)+33秒
22 サイモン・イエーツ(オリカ・スコット/英国)+34秒
24 ビンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ/イタリア)+35秒
44 イルヌール・ザカリン(チームカチューシャ・アルペシン/ロシア)+50秒
47 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード/スペイン)+52秒
50 ファビオ・アルー(アスタナプロチーム/イタリア)+53秒
56 スティーフェン・クラウスウェイク(チームロットNL・ユンボ/オランダ)+57秒
65 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+1分3秒
70 ルイ・メインティス(UAE・チームエミレーツ/南アフリカ)+1分4秒
[各賞]
■マイヨ・ベルデ:イブ・ランパールト(クイックステップフロアーズ/ベルギー)
※第3ステージはマッテーオ・トレンティン(クイックステップフロアーズ/イタリア)が着用
■マイヨ・デ・ルナレス:ニコラ・ロッシュ(BMCレーシングチーム/アイルランド)
■マイヨ・コンビナダ:ダニエル・オス(BMCレーシングチーム/イタリア)
■チーム成績:クイックステップフロアーズ(ベルギー)
■敢闘賞:マルケル・イリサール(トレック・セガフレード/スペイン)
*マイヨ・ロホ(個人総合リーダージャージ)...真紅/マイヨ・ベルデ(ポイント賞ジャージ)...緑/マイヨ・デ・ルナレス(山岳賞ジャージ)...白地に青い水玉/マイヨ・コンビナダ(コンビネーション賞)...白
(http://www.lavuelta.com/la-vuelta/2017/us/)
 
 

第3ステージは早くもピレネー山岳区間

8月21日は大会3日目で早くもピレネー山岳区間となり、フランスのプラデス・コンフレント・カニーゴをスタートして一旦スペインへ越境した後、アンドラのアンドラ・ラ・ベリャにゴールする158.5kmの第3ステージが競われる。

頂上ゴールではないが、スタートしてすぐに標高1575メートルでカテゴリー1のペルシュ峠を越え、後半には標高1820メートルでカテゴリー1のレバッサ峠と、標高1345メートルでカテゴリー2のアルト・デ・ラ・コメリャ峠を越えなければならない。
 
 
MAP : Unipublic
MAP : Unipublic

第2ステージのハイライト映像


Summary - Stage 2 - La Vuelta 2017 投稿者 la_vuelta