ニュース

ツール・ド・フランス第9ステージでフランスチャンピオンのデマールがタイムオーバー!

レース
photo : Luca Bettini/BettiniPhoto©2017
7月9日に開催されたツール・ド・フランス第9ステージで、フランスチャンピオンのアルノー・デマール(エフデジ)を含めた7選手が制限時間内にゴールできず、タイムオーバーになってしまった。

カテゴリー超級の峠が3カ所含まれた、合計7カ所の峠を越える第9ステージは、オフィシャルスタート地点がカテゴリー2の上り坂という厳しい一日で、デマールはスタートしてすぐに集団から遅れ始めてしまった。

この日のゴール制限時間は39分58秒だったが、デマールを含めた7人の最終グループは58分49秒遅れでゴールした。デマールにはこの日もアシストが3人付いていたが、彼らも一緒にタイムオーバーとなり、エフデジはまだ今年のツールが半分以上残っているのに5人でレースを続けなければならなくなった。

フランスチャンピオンのデマールは、世界チャンピオンのペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)が失格になった第4ステージで念願のツール初区間優勝を上げていて、マイヨ・ベール狙うと公言していた。開催国フランスは、この日ワレン・バルギル(チームサンウェブ)が写真判定の末に区間優勝を逃していて、失望続きの1日になってしまった。

第9ステージでは落車事故などで4選手が途中リタイアしていて、完走は181選手だった。



[第9ステージでタイムオーバーした選手]
アルノー・デマール(FDJ/フランス)
ミカエル・ドゥラージュ(FDJ/フランス)
ヤコポ・グアルニエーリ(FDJ/イタリア)
イグナタス・コノヴァロヴァス(FDJ/リトアニア)
ユライ・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)
マッテーオ・トレンティン(クイックステップフロアーズ/イタリア)
マーク・レンショー(チームディメンションデータ/オーストラリア)

(http://www.letour.fr/le-tour/2017/us/)