ニュース

UCIワールドツアーのツール・ド・スイスでスロベニアのスピラクが2度目の総合優勝

レース
photo : Vincent Kalut/PN/BettiniPhoto©2017
 
第81回ツール・ド・スイス(UCIワールドツアー)は、6月18日にシャフハウゼンで最終ステージとなる28.6kmの個人タイムトライアルを競い、オーストラリアTTチャンピオンのローハン・デニス(BMCレーシングチーム)が、プロローグにつづいて今大会2勝目を上げた。

総合リーダーのシモン・スピラク(チームカチューシャ・アルペシン)はデニスより51秒遅れの区間5位でレースを終え、2015年につづいて2度目の総合優勝を果たした。総合2位はイタリアのダミアーノ・カルーゾ(BMCレーシングチーム)、3位はオランダのスティーフェン・クライスウエイク(チームロットNL・ユンボ)だった。


■2度目の総合優勝をしたスピラクのコメント「ハードな1日で難しいTTだった。予想していた以上にハードだったよ。朝、コースは下見していた。午後はとても暑かった。でも僕はハッピーだ。僕にとってここで2度目の優勝だ。チームメートたちにも満足している。彼らは1週間ずっと素晴らしい仕事をしてくれた。スイスでは気温が最大の敵だが、今回は暑さを打ち負かすことができたよ」


■第9ステージ結果[6月18日/シャフハウゼン~シャフハウゼン/28.6km]
1 ローハン・デニス(BMCレーシングチーム/オーストラリア)36分30秒
2 シュテファン・キュンク(BMCレーシングチーム/スイス)+29秒
3 ダミアーノ・カルーゾ(BMCレーシングチーム/イタリア)+47秒
4 ヨン・イサギレ(バーレーン・メリダ/スペイン)+51秒
5 シモン・スピラク(チームカチューシャ・アルペシン/スロベニア)+51秒
6 スティーブン・クライスウエイク(チームロットNL・ユンボ/オランダ)+54秒
7 マルク・ソレル(モビスターチーム/スペイン)+58秒
8 ドメニコ・ポッツォヴィーボ(AG2R・ラモンディアル/イタリア)+1分00秒
9 ティージェイ・ヴァンガードレン(BMCレーシングチーム/米国)+1分02秒
10 パトリック・ベビン(キャノンデール・ドラパック/ニュージーランド)+1分04秒

[第81回ツール・ド・スイス(UCIワールドツアー) 個人総合最終成績]
1 シモン・スピラク(チームカチューシャ・アルペシン/スロベニア)28時間37分11秒
2 ダミアーノ・カルーゾ(BMCレーシングチーム/イタリア)+48秒
3 スティーフェン・クライスウエイク(チームロットNL・ユンボ/オランダ)+1分08秒
4 ドメニコ・ポッツォヴィーボ(AG2R・ラモンディアル/イタリア)+2分37秒
5 ルイ・コスタ(UAE・チームエミレーツ/ポルトガル)+3分09秒
6 ヨン・イサギレ(バーレーン・メリダ/スペイン)+3分51秒
7 マティアス・フランク(AG2R・ラモンディアル/スイス)+4分00秒
8 マルク・ソレル(モビスターチーム/スペイン)+4分14秒
9 ミケル・ニエベ(チームスカイ/スペイン)+4分47秒
10 ペリョ・ビルバオ(アスタナプロチーム/スペイン)+5分30秒
[各賞]
■ポイント賞:ペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)
■山岳賞:ラッセノーマン・ハンセン(アクアブルースポート/デンマーク)
■最優秀スイス人選手賞:マティアス・フランク(AG2R・ラモンディアル/スイス)
■チーム成績:AG2R・ラモンディアル(フランス)
(http://www.tourdesuisse.ch/en/)