ニュース

エロイカ・ジャパン2017 〜古き良き時代への尊敬〜

イベント
世界一過酷で美しい大会、L’Eroicaの精神を受け継いだイベントは、今年からEroica Japan(エロイカ・ジャパン)として開催されることとなった。2017年5月13日(土)~14日(日)、富士河口湖町でエロイカ・ジャパン2017が開催。​

新任イタリア大使のジョルジョ・スタラーチェ氏が、ビアンキのニューモデル、エロイカに乗って特別参加した。ジャージはサンティーニのエロイカ・ジャージを着用。世界7カ国で公認大会があるエロイカが日本でもあることを知り、そして富士山の麓を走ろうと護衛を連れてやってきた。

 


しかし大使、すみません! あいにく曇り空、富士山はお隠れになりました。

が、大使は笑顔で、「伝統あるジロ・デ・イタリアは今年が100回大会です。スポーツは楽しいですね、みなさん、我々はスポーツを通して平和を実現しましょう!」と爽やかにスピーチ。

欧米からもやってきた300人ほどのサイクリストたちとペダルを踏み、日本の味に舌鼓。ヴィンテージスタイルの自転車趣味は世界をつなぐオトナの遊びだ!

 
新任イタリア大使のジョルジョ・スタラーチェ氏(写真中央)
エロイカ創設者のジャンカルロ・ブロッチ氏


「古き良き時代の自転車競技を愛する仲間が、その苦しさを追体験したくて始めたライド、それがエロイカです」と、来日したエロイカ創設者のジャンカルロ・ブロッチ氏は語った。


エロイカ・ジャパン公式サイト
https://eroicajapan.jp

 
並んだヴィンテージ自転車を熱心に鑑賞するマニア
上野修一さんのコンクール優勝自転車