ニュース

5月1日に「自転車活用推進法」が施行されるにあたり、「自転車活用推進本部」および「自転車活用推進本部事務局」が発足

その他
自転車活用推進法(平成28年法律第113号)では、自転車の活用の推進に関する施策の総合的かつ計画的な推進などを図るため、国土交通省に「自転車活用推進本部」(本部長:国土交通大臣、本部員:関係閣僚)を置くこととなった。
平成29年5月1日(月)、同法が施行され、「自転車活用推進本部」が発足するとともに、道路局に同本の事務を処理する「自転車活用推進本部事務局」を設置した。


この「自転車活用推進本部事務局」の設置に伴い、国土交通省の入る中央合同庁舎3号館では、国土交通大臣の石井敬一氏と事務局長の石川雄一氏が自転車活用推進本部事務局の看板掛けを行った。

事務局の体制としては、事務局長 (道路局長)、事務局長代理(官房審議官(道路局担当))、事務局次長 (道路局参事官及び内閣府、警察庁、総務省、文科省、厚労省、経産省、環境省課長級の併任者)などが就任する。
次長を務める大野昌仁氏は、東京大学の学生時代に自転車部旅行班として活動していた熱心なサイクリスト。今後の施策推進にも期待が持たれる。(江里口恭平)
 
国土交通大臣の石井敬一氏(右)事務局長の石川雄一氏(左)が看板掛けを行った