ニュース

超小型のパワーメーター「AROFLY」ウルトラスマート バイクメーターソリューション

新製品
「AROFLY」は航空技術が基本となって、F-117ジェット戦闘機のピトー管をベースに開発された超小型のパワーメーター。ピトー管は航空機で対気速度を測定するのに使われている。

ペダルを踏み込む時に起こるタイヤ圧力の微小な変化を測定し、高度な計算を行ってパワー出力値をはじき出す。メーカーによると誤差は10%以下。スマートフォンのアプリを使用すれば、パワー出力、速度、走行距離、ケイデンス、高度変化が表示され、460時間までの走行データを記録することができる。

 


センサーは防水、防錆加工されており、後輪のバルブにねじ込むだけ。バルブは米式対応で、アダプターを使用すると仏式バルブにも対応。

現在はiPhoneのみ対応しているが、Andoroidは機種によって対応するものもある。アプリが更新されて、使用機種も更新されるので、Andoroidについては確認が必要だ。

2017年6月には専用のサイクルコンピュータの発売を予定しており、高度計とGPSが搭載されるので、より早く、より正確なデータを得ることが可能となる。

 


AROFLY Ultra Smart Bike Meter Solution (BLUETOOTH)
価格:1万6000円(税抜)

取り付け簡単、超小型のパワーメーター!
サイズ:直径2.3cm 高さ1.9cm
重量:9g(バルブアダプター無し) 11g(バルブアダプター付き)
付属品:バルブアダプター(仏式バルブ用)、スマートフォンフォルダー
電池交換用ツール

問・トライスポーツ
http://www.trisports.jp/?q=catalog/node/8504

 


・2017年4月18日
AROFLY APPに記録されたデータをWiFiか3G/4Gを介してStravaへ送ることができる。

・2017年4月末日
「Indoor training roller mode」機能の追加。これでローラー台を使ってFTPの計測ができるようになる。ただし、室内では時速50kmi以下に制限されたまま。

・2017年5月10日
「バックグラウンド モード」機能の追加。これによりスマートフォンの通話やLINEの着信により中断されることなく、AROFLYアプリが継続される。また、他のアプリを使用しても中断されない。一番の恩恵はスマートフォンの電池消費量が少なくてすむこと。

・2017年6月
高度計とGPS搭載のサイクルコンピュータ発売。特に下りの走りについて現在スマートフォンのGPSから得ているデータより、より早く、より正確なデータを得ることが可能となる。