ニュース

パリ〜ルーベでベルギーのバンアーベルマートが初優勝

レース
photo : Luca Bettini/BettiniPhoto©2017

クラシックの女王と呼ばれる第115回パリ〜ルーベ(UCIワールドツアー)が、4月9日に北フランスで開催され、ベルギーのグレッグ・バンアーベルマート(BMCレーシングチーム)がベロドロームで5人のスプリントを制して初優勝した。2位はチェコのズデネク・シュティバル(クイックステップフロアーズ)、3位はオランダのセバスチャン・ラングベルト(キャノンデール・ドラパック)だった。

これが引退レースとなったベルギーのトム・ボーネン(クイックステップフロアーズ)は、12秒遅れの集団でゴールし、13位で最後のパリ~ルーベを終えた。

今年のパリ~ルーベは平均時速が45.204km/hで、最速記録を更新している。


■優勝したバンアーベルマートのコメント「このレースは僕には勝てないだろうと言っていた。ここに初めて来たときはゴールであまりにも疲れていた。それは予想していなかった。でも、やり遂げられてとても幸せだ。すべてが完璧だったと思う。僕にとってはオリンピックがずっと最高の優勝になるだろうが、モニュメントを取れたのも本当に素晴らしいよ」
 
photo : Luca Bettini/BettiniPhoto©2017
 
■第115回パリ~ルーベ結果[4月9日/UCIワールドツアー/フランス/257km]

1 グレッグ・バンアーベルマート(BMCレーシングチーム/ベルギー)
2 ズデネク・シュティバル(クイックステップフロアーズ/チェコ)
3 セバスチャン・ラングベルト(キャノンデール・ドラパック/オランダ)
4 ヤスペル・ストゥイヴェン (トレック・セガフレード/ベルギー)
5 ジャンニ・モスコン(チームスカイ/イタリア)
6 アルノー・デマール(FDJ/フランス)+12秒
7 アンドレ・グライペル(ロット・スーダル/ベルギー)+12秒
8 エドワルド・トゥーンス(トレック・セガフレード/ベルギー)+12秒
9 アドリアン・プティ(ディレクトエネルジー/フランス)+12秒
10 ジョン・デゲンコルプ(トレック・セガフレード/ドイツ)+12秒
13 トム・ボーネン(クイックステップフロアーズ/ベルギー)+12秒
38 ペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)+5分12秒
(http://www.letour.fr/paris-roubaix/)
 
パリ〜ルーベのスタートで現役最後の出走サインをするボーネン                                                    



Résumé - Paris-Roubaix 2017 par tourdefrance