ニュース

キャノンデールがシクロクロスバイクのデザインを一新!「SUPERX」「CAADX」2017年モデル

新製品
キャノンデール・ジャパン株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:池田新)は、デザインを一新したシクロクロスバイクSUPERXおよびCAADXを発表した。

ニューモデルには、現在のハイスピード&テクニカルなシクロクロスコースで最高の性能を発揮する仕様が採用されている。強烈なトラクション、泥への十分なクリアランス、ベルギービールの泡のような滑らかな乗り心地。 SUPERXとCAADXは、これまでにない新たな性能を現代のシクロクロスレーサーに提供する。

 


安定性を強化するため、キャノンデールの新しいOutFrontステアリングジオメトリーを両モデルに採用。この独自技術により、緩やかなヘッド角と55mmのカスタムフォークオフセットが相まって、驚異的な高速走行を実現しつつ、抜群の安定性能を提供する。このわずかに寝たヘッド角により、テクニカルなコースに挑戦することが可能となる。

また、「トレイル」長が短いため、反応抜群の素早いハンドリングが保たれる。SUPERXとCAADXには、クランクやフォーク、シートポストやフレームなど主要部品をすべて一緒に開発するというキャノンデールのバイク設計思想「システムインテグレーション」という考えのもとに開発されている。このことによりパーツそれぞれの機能の最適化とそれらとフレームとの組み合わせの最適化を実現。「自転車」を1つのパッケージとして考え、フレームとパーツに専用の、妥協なき設計を施している。システムインテグレーションという名の最適化は、それぞれの要素の極限的な性能の統合を目指している。

国内販売モデルはSUPERX CARBON 105とCAADX TIAGRAの2種類。

 

SUPERX CARBON 105



新しく生まれ変わった2017 SUPERXが生み出すキラーパフォーマンスのキモは、特許申請中のテクノロジーでもある左右非対称のAi(アシンメトリック・インテグレーション)オフセットドライブトレイン。このAiテクノロジーは、業界の各賞を総なめしたハードテイルのF-SiとXCOレースバイクのSCALPEL Siにも採用されており、他社では真似のできない絶対的なアドバンテージを持つシクロクロスバイクとなっている。

SUPERX CARBON 105
価格:35万円(税抜)
コンポーネント:シマノ 105
サイズ:46, 51, 54, 56, 58
カラー:Jet Black w/ Acid Strawberry, Gloss - WOW (10)

フレーム:All New SuperX Disc, BallisTec Carbon, SPEED SAVE, BB30-83 Ai, 142x12thru-axleb
フォーク:All New SuperX Disc, BallisTec Carbon, 1-1/8” to 1.5” steerer, 100x12thru-axled
リム:CX 2.0 Tubeless Disc, 32-holee
ハブ:Formula CX20 100x12 thru QR front, CX22 142x12 thru QR rear (Ai offsetdish)f
スポーク:DT Champion 1.8 (Ai Offset dish - Rear)g
タイヤ:Schwalbe ONEX Tubeless, 700x33ch
ペダル:N/Ai
クランク:Cannondale Si, BB30-83 Ai, FSA rings, 46/36
ボトムブラケット:FSA BB30 Bearingsj
チェーン:Shimano HG601, 11-speed
リヤコグ:Shimano 105, 11-28, 11-speed
フロントディレーラー:Shimano 105, braze-on
リヤディレーラー:Shimano 105 GS
シフター:Shimano RS505 hydraulic disc
ハンドルバー:Cannondale C3, butted 6061 Alloy, Compact
グリップ:Cannondale Bar Tape w/Gel, 2.5mm
ステム:Cannondale C3, 6061 Alloy, 31.8, 6 deg
ヘッドセット:SuperX, 1.5” lower bearing, 25mm carbon top cap
ブレーキ:Shimano BR505 hydraulic disc, 160/160mm
ブレーキレバー:Shimano BR505 hydraulic disc
サドル:abric Spoon Shallow Elite, Cromo Rail
シートポスト:Cannondale C3, 6061 Alloy, 25.4x300mm (46-51) 350mm (54-58)
その他:Stan’s NoTubes Valve Stems

 
2017年モデルからSUPERXに Aiテクノロジーを採用
マッドコンディションはもう怖くない
・40cタイヤを入れても十分なクリアランスを確保。

高剛性と高強度を手に入れたリアホイール
 ・A iテクノロジーだからこそ 実現できるスポークアングルとテンションの左右均等化により、リアホイールが最高の走りを約束します。
・ドライブトレイン側に6mmオフセットしただけなので、142 x 12mmのスルーアクスルが使用できます。
・142 x 12mmスルーアクスルを採用したリアホイールで、スポークの長さが十分であれば、Aiに変更可能です。

 

CAADX TIAGRA



完全に生まれ変わった2017 CAADXは、「いつでもシクロクロスレースに出れる!」パフォーマンス持ちながら「いつでも、どこでも乗れる!」バイク。軽くて快適な乗り味が特徴で、SUPERX同様、トラクション、フィット感、そしてハンドリングにアドバンテージを持っている。CAADXは「週末はレースに使って、平日は通勤バイクとして」使える究極のオールラウンドマシーンだ。

CAADX TIAGRA
価格:14万円(税抜)
コンポーネント:シマノ・ティアグラ
サイズ:46, 51, 54, 56, 58 
カラー:Acid Green w/ Anthracite and Fine Silver, Gloss - AGR

フレーム:All New CAADX Cyclocross Disc, SmartForm C2 Alloy, BB30 b
フォーク:All New Cannondale Ultra X Disc, Carbon blades, 1-1/4"to 1-1/8" tapered steerer
リム:CX 3.0 Disc, 32-hole
ハブ:Formula, DC-1420 front, DC-1422 rear
スポーク:Stainless Steel, 15g
タイヤ:Schwalbe Rapid Rob, 700x35c
ペダル:Wellgo w/ Clip and Strap
クランク:FSA Omega BB30, 46/36
ボトムブラケット:FSA BB30
チェーン:FSA CN-910 10-speed
リヤコグ:Shimano Tiagra, 12-28, 10-speed
フロントディレーラー:Shimano Tiagra, 31.8 clamp
リヤディレーラー:Shimano Tiagra
シフター:Shimano Tiagra
ハンドルバー:Cannondale C4 Compact, 6061 alloy
グリップ:Cannondale Grip Bar Tape w/Gel, 3.5mm
ステム:Cannondale C4, 31.8, 6 deg.
ヘッドセット:CAADX Si, 25mm top cap
ブレーキ:Promax Render R, 160/140mm
ブレーキレバ:Shimano Tiagra
サドル:Cannondale Stage CX 
シートポスト:Cannondale C3 Alloy, 27.2x300mm

 
フラットマウントディスクブレーキ
インターナルケーブルルーティング
テーパーヘッドチューブ
取り外し可能なシートステーフェンダーマウント
SPEED SAVEマイクロサスペンション


CAADX ジオメトリー
・Aiテクノロジー以外はSUPERXと共通のジオメトリーを持ち、そして優れたトラクション性能、抜群の安定感、ハンドリングを実現します。

・422mm(!)というクラス最短のショートチェーンステーが、勝利を決定付ける上りのトラクションを生み出し、思いのままのハンドリングを実現します。

・ショートチェーンステーゆえ、ライダーの体重をリアタイヤの真上に持ってくることができます。そのことにより、滑りやすいマッドコンディションでもタイヤと路面のコンタクト面がキープしやすくなっています。

・タイヤは最大35cまで入ります。


安定感と敏捷性の融合
・アウトフロントステアリングジオメトリー:少し寝た ヘッドアングルと長めのフォークレイク(55mm)の組み合わせにより、フロントセンターが長くなっています。このことにより、テクニカルな下りでは安定感を増しながら平坦では切れ味鋭いハンドリングを可能にしています。


軽くてなめらか!
・SmartForm C2 6061アルミニウム構造とCAAD12にインスパイアされたチューブシェイプ。軽量で担ぎやすくなっています。

・SPEED SAVEと呼ばれる偏平したシートステー&チェーンステー、そしてフロントフォークが荒れた路面でもトラクションをキープし、上りでもホイールが空転することなくペダリングパワーを推進力へ変えていきます。


細部のポイント
・スッキリとした見た目と超軽量かつ調整のしやすいフラットマウントディスクブレーキを採用。

・フレームの美しさが際立つインターナルブレーキルーティング。

・テーパー形状のフォークコラムとヘッドチューブを採用し、理想的なステアリングと軽量化を実現。

・様々なシーンで乗れるよう、取り外し可能なシートステーフェンダーマウントを採用。



キャノンデール シニアプロダクトマネージャー、デビット・ディヴァイン氏のコメント
「近年、シクロクロスコースはこれまで以上に過酷になっており、高速な走りや、果敢に挑戦する姿勢が求められるようになっています。ライダーが求めているのはこのような過酷な環境に対応できるバイクです。そこで、キャノンデールは現在のコースで最も求められる性能、すなわち、安定性とトラクションを実現するためSUPER XとCAAD Xのデザインを一新しました。」

問・キャノンデール・ジャパン  http://www.cannondale.com/ja-JP/Japan