ニュース

【大阪】十五夜にラビットストリートあべの近鉄店オープン!

ショップ


2016年、中秋の名月にあたる9月15日(木)にラビットストリートあべの近鉄店がオープンした。

今回出店された天王寺エリアはあべのハルカスやてんしば(天王寺公園エントランスエリアの愛称)など関西の中でもホットスポットのひとつにあがる場所である。同店へのアクセスも抜群で、地下鉄天王寺駅徒歩5分(近鉄阿部野橋駅徒歩1分!!)と地下通路から来れるので雨の日でも気にせず立ち寄れる。

店内にお邪魔してみると、まず目を引くのはアパレル群。これからの季節に重宝するだろう秋冬ウェアが広々と展開されている。完成車はピナレロ、スペシャライズド、キャノンデール、メリダ、コナ、ジェイミス、ルイガノ、ダホンを取扱いしているが、ブランド毎のコーナー展開を大きくしてはいない。

これは「お客様にはフラットな状態で店内を見てもらい、自分の好きなバイクを選んでもらいたいから。特に初心者のお客様に優しいお店作りを目指します。」と話してくれたのは、高岡雅知店舗統括部長。


 
「お客様のライフスタイルに合わせたバイクを一緒に選び、ご提案させていただきます」と人柄の良さがにじみ出ている高岡雅知店舗統括部長。BGフィッターの資格も有する。
アパレルコーナー、カペルミュールはじめウィメンズ商品も豊富。


アフターサービスはラビットストリートならではの特長がある。大阪府下に4店舗目となるあべの近鉄店だがターミナル駅付近への出店は初めて。

「このお店には色んなお客様が訪れていただくことになると思う。お買い上げいただいた後でもお客様のお住まいの近くにあるラビットストリートでも同じようにアフターサービスをさせていただきます。また各店舗それぞれの走行会やイベントにも参加してもらえると嬉しいです。」と高岡さんは続けてくれた。ラビットストリート全体でサポートしてくれるのが心強い。

 
接客もメカニックもマルチにこなす成岡勇気さん(写真左)と大森雅仁さん(写真右)
複数のメーカーを取扱いしており、試し履きして足に合うシューズをゆっくり選ぶことができる。最終調整にインソールなども相談可能だ。
キャノンデールカスタムラボにて完成された実車も展示されている。
シミュレーションできるパネルも導入されているので気軽に相談してみよう。


2016年7月に大阪府自転車条例が施行され、保険加入が義務化されたが、それには「GET(月兎)プレミアムクラブ」というサービスで対応している。年会費は3,600円で、そのサービス内容は実に充実している。消耗品や工賃が会員価格になることに加え、自転車保険が付帯サービスについており、賠償責任保険金最大1億円の他、通院保険にも対応している。(サービスの詳細は店頭でお問い合わせを。)

9月25日まではオープニングセールが開催されており、最大50%オフの超目玉商品も多数揃えている。20時まで営業しているので、帰路時にセール品見たさ、新しい物見たさに立ち寄ってみよう。

 


問・ラビットストリートあべの近鉄店
大阪市阿倍野区松崎町2−2−43 近鉄パーキングビル
TEL:06−6654−4189(よいバイク)
http://rabbit-street.com/abeno/
E-mail: abeno@rabbit-street.com
※ 提携駐車場あります