ニュース

名古屋サイクルトレンド2016 出展ブース・レポート part 2

イベント
2016年2月27日(土)~28日(日) 、ポートメッセなごやで開催された「名古屋サイクルトレンド 2016」には前年以上の来場者が訪れ、試乗やショッピングを楽しんだ。サイスポでは会場の雰囲気をお伝えするため、多数の出展ブースから一部をご紹介。

「名古屋サイクルトレンド 」は来年も同時期に開催予定! お楽しみに。

 
CCPからは「木島エプロン」を紹介。これはお客さんからのアイデアで、木島社長が使用していた整備用のエプロンをそのまま商品化したもの。ポケットは多岐に分かれており、とても使いやすいと好評だそうだ。
ヴィットリアでは世界で一番有名なタイヤ「コルサ」を紹介。スピード、グリップ力、耐久性、耐パンク性能を引き出すために4種類のコンパウンドを使用。
今年で90周年を迎えるIRCタイヤは9年ぶりにフルリニューアルした「フォーミュラープロチューブレス」を初公開! グリップ力、耐パンク性が向上し、路面状状況をつかみやすいパターン設計に
初出展のモンドビチクレッタから、自転車の外観を損なわず、ペダリング性能を向上させる「エコギア」を紹介。内部には弾性体が配置されており、ペダリング時のパワーロスを軽減する。
群馬県前橋市のサイクルショップタキザワ。自社製品はじめ豊富な品ぞろえで、東海地方の来場者から注目を集めた
ミノウラからは、前輪固定タイプのハイブリッドローラー「FG540」を展示。安定性と3本ローラーの乗り心地を両立した。
エーゼット「CKM-001 超極圧・水置換スプレー420ml」は、高速・高荷重極圧時に強い極圧膜が、チェーンやワイヤー、ベアリングなどの金属部品に起こる焼付きや金属摩擦を防ぐ
ノースウェーブ「エクストリーム」の新しいリフレクティブシルバーカラーは夜道でも視認性が高い。ユニディレクショナルカーボン100%のアウトソールは最強のパワー伝達と軽さを保証する
テテ・アミティは「子どもがかぶりたい 子どもにかぶせたいヘルメット」をモットーに安全、快適、かわいいヘルメットを提供する
スギノはロードバイク用「ボトムブラケット」を展示。高精度セラミックベアリングによりカップの剛性がアップ、驚くほどスムーズな回転を実現すると同時に耐久性が向上
シマノは新型の「ティアグラ」ほか、Di2、ディスクブレーキロード、MTBのコンポーネントを展示。初めてSTIを操作する人やDi2に触れる人が多く、その軽快さにおどろいていた
日本一の展示台数を誇るSUV専門店、SUVランド。自転車を車載したエクストレイルが家族連れのユーザーから注目を集めていた。
軽自動車をベースに設計した軽キャンパーを製造販売するオートワンが「給電くん」を展示。走行充電やサブバッテリー、ソーラーパネルなどが装備され、遠征先でも電源の確保に困らない


名古屋サイクルトレンド 2016
開催日時:2016年2月27日(土)~28日(日) 10:00~17:00 
開催場所:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
http://cycle-trend.jp