ニュース

新城幸也「ツール・ド・フランス出場という目標は変わらない」

レース
帰国し空港で出迎えた愛犬コリンと久々に対面して笑顔の新城。 Photo  Hitoshi OMAE
ツアー・オブ・カタール第5ステージで落車し大腿骨を骨折した新城幸也が帰国した。当初は16日の便での帰国を予定していたが、航空会社から術後間もないため安全安静を確保したいとの理由で搭乗の許可が降りず、2日遅れの19日夕方に日本に到着した。

そのまま直接病院へ向かい、現在検査入院中。痛みもかなり治まってきているという。松葉杖を使用しながら歩行できており、生活のほとんどを自身で行うことができるまでになっている。

検査終了後は病院からの許可が降り次第、国立科学スポーツセンター(オリンピックの強化選手のみが使用できる施設)へ入り、24時間体制であらゆるリハビリ設備が整っている環境ででリハビリに励む予定だ。

ツール・ド・フランスに出場するという目標は変えてはおらず、「リハビリではなくてトレーニング! と言う気持ちで、頑張ります。」と語っている。