ニュース

ブエルタは最後の山岳ステージでドゥムランが力尽き、アルーが総合首位

レース
総合逆転を決め、ゴールでガッツポーズを見せたアルー
 
スペインで開催中の第70回ブエルタ・ア・エスパーニャ(UCIワールドツアー)は、9月12日にカテゴリー1の峠を4つ越える第20ステージを競い、ここまでマイヨ・ロホを守り続けたオランダのトム・ドゥムラン(ジャイアント・アルペシン)が、最後から2つ目のモルクエラ峠登坂でついに力尽きた。

ドゥムランはイタリアのファビオ・アルー(アスタナ)のアタックに付いて行くことができず、ゴールまで50kmを残してメイングループから脱落してしまった。結局彼は、このステージをアルーのグループよりも4分近く遅れてゴールし、総合6位にまで陥落してしまった。

一方、最終日前日での総合逆転劇をみごとにやってのけたアルーは、25歳で初のグランツールタイトル獲得を確実にした。

区間優勝は序盤に集団から逃げ出したグループの中から、2つ目の峠越えでアタックした地元スペインのルベン・プラサ(ランプレ・メリダ)が、そのまま117kmを単独で逃げ切った。35歳のプラサは2005年にもブエルタで区間優勝していて、これが2度目の成功だった。

 
最終日前日にマイヨ・ロホを奪い返したアルー
100km以上を独走で逃げ切ったベテランのプラサ
第21ステージのコースプロフィール(MAP:Unipublic)
今年のブエルタを決したのは、カテゴリー1のモルクエラ峠だった。10kmつづく登坂で、チームメートのミケル・ランダ(アスタナ)とともにアルーが攻撃を開始したとき、ドゥムランにはもうアシストしてくれるチームメートはいなかった。1度目のアタックはなんとかしのいで追いついたが、頂上間近でアルーが2度目のアタックをかけたとき、もうドゥムランに力は残っていなかった。

モルクエラ峠の下り坂で、ドゥムランは何とかアルーのいるメイングループに追いつこうとしたが、メイングループには前を走っていた逃げ集団からアスタナのルイスレオン・サンチェスとアンドレイ・ゼイツが合流し、4人で先頭を引き始めた。このアスタナの戦略で、ドゥムランは白旗を上げざるを得なかった。

メイン集団からは、最後のコトス峠でナイロ・キンタナ(モビスター)がアタック。ドゥムランに差を付けて表彰台を確実にしたいラファウ・マイカ(ティンコフ・サクソ)が付き従った。この日のゴールはコトス峠を下った先にあり、大差を付けられることはないため、アルーは彼らを追いはしなかった。

区間優勝したプラサに3分38秒遅れてセルセディリャに到着したアルーは、勝利のガッツポーズでゴールした。今年のブエルタは、最終日前日にアルーがマイヨ・ロホを奪還し、地元スペインのホアキン・ロドリゲス(カチューシャ)が2位、ポーランドのマイカが3位でマドリードの表彰台に立つことになった。

「この勝利は僕だけのものではなく、チームのものだ。ブエルタを通してチームメートたちはとてもよく働いてくれた。みんなに感謝の言葉を言いたい。バノッティ、カタルド、ローザ、ゼイツ…第2ステージで棄権したニーバリとティラロンゴにもだ」と、アルーは語っていた。


今年最後のグランツールであるブエルタもいよいよフィナーレを迎える。9月13日の第21ステージは、アルカラ・デ・エナレスから首都マドリードまでの98.8kmで、最後は5.8kmのサーキットコースを10周する。


■第20ステージ結果[9月12日/サンロレンソ・デ・エル・エスコリアル~セルセディリャ/175.8km]
1 ルベン・プラサ(ランプレ・メリダ/スペイン)4時間37分05秒
2 ジョゼ・ゴンサルベス(カハルラル/ポルトガル)+1分07秒
3 アレッサンドロ・デマルキ(BMC/イタリア)+1分08秒
4 ロマン・シカール(ヨーロッパカー/フランス)+1分29秒
5 アマエル・モワナール(BMC/フランス)+1分30秒
6 カルロス・ベロナ(エティックス・クイックステップ/スペイン)+1分30秒
7 セルヒオ・エナオ(チームスカイ/コロンビア)+1分30秒
8 ケニー・エリソンド(FDJ/フランス)+1分35秒
9 マッテーオ・モンタグティ(AG2R/イタリア)+1分43秒
10 モレノ・モゼール(キャノンデール・ガーミン/イタリア)+2分40秒
12 ラファウ・マイカ(ティンコフ・サクソ/ポーランド)+2分42秒
14 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+2分44秒
22 エステバン・チャベス(オリカ・グリーンエッジ/コロンビア)+3分35秒
23 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+3分37秒
24 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+3分38秒
31 ミケル・ニエベ(チームスカイ/スペイン)+6分51秒
35 トム・ドゥムラン(ジャイアント・アルペシン/オランダ)+7分30秒
36 ルイ・メインティス(MTN・クベカ/南アフリカ)+7分30秒
38 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+7分30秒
45 新城幸也(ヨーロッパカー/日本)+7分49秒

■第20ステージまでの総合成績(マイヨ・ロホ)
1 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)83時間01分40秒
2 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+1分17秒
3 ラファウ・マイカ(ティンコフ・サクソ/ポーランド)+1分29秒
4 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+2分02秒
5 エステバン・チャベス(オリカ・グリーンエッジ/コロンビア)+3分30秒
6 トム・ドゥムラン(ジャイアント・アルペシン/オランダ)+3分46秒
7 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+7分10秒
8 ミケル・ニエベ(チームスカイ/スペイン)+7分26秒
9 ダニエル・モレノ(カチューシャ/スペイン)+7分32秒
10 ルイ・メインティス(MTN・クベカ/南アフリカ)+10分46秒
65 新城幸也(ヨーロッパカー/日本)+2時間30分27秒

[各賞]
■マイヨ・ベルデ:ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)
■マイヨ・デ・ルナレス:オマール・フライレ(カハルラル/スペイン)
■マイヨ・ブランコ:ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)
■チーム成績:モビスターチーム(スペイン)
■敢闘賞:ルベン・プラサ(ランプレ・メリダ/スペイン)
*マイヨ・ロホ(個人総合リーダージャージ)...真紅/マイヨ・ベルデ(ポイント賞ジャージ)...緑/マイヨ・デ・ルナレス(山岳賞ジャージ)...白地に青い水玉/マイヨ・ブランコ(コンビネーション賞)...白(※ブエルタには新人賞の設定はない)
(http://www.lavuelta.com/)

 


Summary - Stage 20 (San Lorenzo de El Escorial... 投稿者 la_vuelta