ニュース

頂上ゴールのブエルタ第2ステージはコロンビアのチャベスが優勝

レース

第70回ブエルタ・ア・エスパーニャ(UCIワールドツアー)は、8月23日にアラウリン・デ・ラ・トレからカミニート・デル・レイまでの158.7kmで頂上ゴールの第2ステージを競い、コロンビアのエステバン・チャベス(オリカ・グリーンエッジ)が、オランダのトム・ドゥムラン(ジャイアント・アルペシン)をゴール勝負で破り、グランツールで初めて区間優勝した。
 
区間優勝したチャベス
第3ステージのコースプロフィール(MAP:Unipublic)
メイン集団ではゴールまで残り30km地点で大落車が発生し、イタリアチャンピオンのビンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ)が巻き込まれてしまった。彼はチームメートの助けを借りて、残り11kmで集団に復帰できたが、ゴールへとつづくカテゴリー3のアルト・デ・ラ・メサの登坂でそのツケを払うことになってしまった。

ゴールまで4km地点で、集団の先頭から最初にアタックしたのはシリル・ゴチエ(ヨーロッパカー)だったが、1km先でナイロ・キンタナ(モビスター)が引くグループに捕まってしまった。そこからカウンターでトム・ドゥムラン(ジャイアント・アルペシン)がアタックし、キンタナ、ニコラス・ローチ(チームスカイ)、ルイ・メインティス(MTN・クベカ)とともに先行した。

そのまま4人でゴールを目指すのかと思われた矢先、残り2kmで後方からチャベスが追いついた。フラム・ルージュを通過した後、先頭からはキンタナが脱落し、チャベス、ローチ、ドゥムランの3人になった。そこからローチが最初に仕掛けたが、ゴール目前の勾配のキツい場所で彼のスピードは失われた。

最後はチャベスとドゥムランの2人がゴールを目指してスパートしたが、フィニッシュライン目前でドゥムランがあきらめてしまった。チャベスは十字を切って神に感謝を捧げ、両手を上げてゴールした。

25歳のチャベスはこの日、区間優勝して個人総合リーダージャージのマイヨ・ロホを獲得しただけでなく、3賞ジャージも総なめにしてしまった。

落車に巻き込まれて集団復帰に脚を使ったニーバリは、この日区間優勝したチャベスよりも1分半近く遅れてゴール。ツール・ド・フランスと同じように、ブエルタでも第2ステージから総合争いで一歩後退してしまった。

ニーバリが巻き込まれた大落車では、ポーランドのプジェミスラウ・ニエミエツ(ランプレ・メリダ)とオーストラリアのデービッド・タナー(IAM)が負傷して救急車で搬送され、レースを棄権した。病院で検査を受けた結果、タナーは骨盤を骨折してしまっていた。IAMサイクリングはこの日、序盤の落車でイタリアのマッテーオ・ペルッキもリタイアしている。


8月24日はミハスからマラガまでの158.4kmで第3ステージが行われる。平坦区間としてカウントされているが、スタートしてすぐにカテゴリー3のアルト・デ・ミハス峠を越え、中盤にはカテゴリー1のプエルト・デル・レオン峠も越えなければならない。

第2ステージ結果[8月23日/アラウリン・デ・ラ・トレ〜カミニート・デル・レイ/158.7km]
1 エステバン・チャベス(オリカ・グリーンエッジ/コロンビア)3時間57分25秒
2 トム・ドゥムラン(ジャイアント・アルペシン/オランダ)+1秒
3 ニコラス・ローチ(チームスカイ/アイルランド)+9秒
4 ダニエル・マーティン(キャノンデール・ガーミン/アイルランド)+14秒
5 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+26秒
6 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+26秒
7 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+30秒
8 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+31秒
9 ダニエル・モレノ(カチューシャ/スペイン)+31秒
10 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+37秒
15 ティージェイ・バンガルデレン(BMC/米国)+45秒
31 ビンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ/イタリア)+1分28秒
70 新城幸也(ヨーロッパカー/日本)+6分33秒
第2ステージまでの総合成績(マイヨ・ロホ)
1 エステバン・チャベス(オリカ・グリーンエッジ/コロンビア)3時間57分15秒
2 トム・ドゥムラン(ジャイアント・アルペシン/オランダ)+5秒
3 ニコラス・ローチ(チームスカイ/アイルランド)+15秒
4 ダニエル・マーティン(キャノンデール・ガーミン/アイルランド)+24秒
5 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+36秒
6 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+36秒
7 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+40秒
8 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+41秒
9 ダニエル・モレノ(カチューシャ/スペイン)+41秒
10 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+47秒
15 ティージェイ・バンガルデレン(BMC/米国)+55秒
31 ビンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ/イタリア)+1分38秒
70 新城幸也(ヨーロッパカー/日本)+6分43秒
[各賞]
■マイヨ・ベルデ:エステバン・チャベス(オリカ・グリーンエッジ/コロンビア)
■マイヨ・デ・ルナレス:エステバン・チャベス(オリカ・グリーンエッジ/コロンビア)
■マイヨ・ブランコ:エステバン・チャベス(オリカ・グリーンエッジ/コロンビア)
■チーム成績:チームスカイ(英国)
■敢闘賞:ジョゼ・ゴンサルベス(カハルラル/ポルトガル)
*マイヨ・ロホ(個人総合リーダージャージ)...真紅/マイヨ・ベルデ(ポイント賞ジャージ)...緑/マイヨ・デ・ルナレス(山岳賞ジャージ)...白地に青い水玉/マイヨ・ブランコ(コンビネーション賞)...白(※ブエルタには新人賞の設定はない)
※ニーバリは競技終了後、失格になった
(http://www.lavuelta.com/)


Summary - Stage 2 (Alhaurín de la Torre... 投稿者 la_vuelta