松山市を東西に貫く重信川には農業用水を得るために掘られた泉が点在する。
川の河川敷と堤防を利用した自転車道を走り清冽な水が湧く泉を巡ってみよう。
地図の拡大を見る

●遮るもののない景色を眺めながら、自転車道を進む

●であい自転車道橋を渡って右折。その先で自転車道はUターンして河川敷に下る

●赤坂泉は親水公園として整備され、夏場には水遊びをする子供たちでにぎわう
 重信川に架かる国道56号線の出合大橋。自転車道はここから国道に沿って北東に進み、松山中央公園の案内に従って右に曲がる。ところが実際にこの場に立つと、右岸の堤防上に走りやすそうな道(河川の管理道)があることに気づく。2本の道は公園手前の松山中央公園橋で合流するから、どちらでもお好みで。松山中央公園には坊っちゃんスタジアムをはじめ、城山公園から移した真新しいスポーツ施設が建ち並ぶ。

●手つかずの自然が残る柳原泉
 松山中央公園橋で支流の石手川を渡り、右折して下流に向かった自転車道は、左に大きく回り込んで自転車歩行者専用橋(であい自転車道橋)で重信川を渡る。続いて右にUターンして河川敷に下った道は、渡った橋をくぐって川の上流を目指す。
 JR予讃線、県道16号線、松山自動車道と、すべて立体交差となっており、安全かつ快適な走行が続く。やがて枝道をわずかに進んでたどり着いたのが赤坂泉。重信川は沿川の随所に湧き水があることで知られ、今から300年前に掘られた赤坂泉は桜の名所にもなっている。トイレや休憩施設のほか無料の駐車場もあり、クルマでのアプローチの際に利用するといいだろう。

 重信大橋をくぐった先が、県道23号線の麻生橋。ここから先の自転車道は一般道との共用区間となるため、道路左端の歩道を進む。左折して橋を渡り、1km先の変則十字路で、右斜め前に向かう県道194号線へ。わずかに進んだ先の分岐を、運動公園の案内に従って右折する。御坂川を渡って1km先の運動公園東口交差点は左折すればいいのだが、県のガイドマップでは直進してえひめこどもの城に立ち

●見奈良大橋を渡った先、川の左岸に整備された自転車道が復活する
寄ることを勧めている。運動公園東口交差点を左折した場合は、交差する県道207号線を左。右から合流した道に合わせ、知らぬうちに名を変えた県道40号線の久谷大橋で重信 川を渡ると、そこには信号はおろか横断歩道もない。そこですぐ先に見える松山自動車道高架下まで進み、県道を横断して橋のたもとまで引き返す。
 右岸の堤防上を進むルートは、国土交通省のウェブサイトや県のガイドマップで未整備区間とされている。といってもすでに河川管理用の道はあり、自転車での通行に支障はない。強いて挙げられるのが、一般道との交差が平面となるため一時停止しなければならないこと。ときおり侵入するクルマやオートバイにも注意が必要だ。2km先で一般道に合流した道は、連続する右折を経て堤防上に戻る。
 上村大橋の先にある龍沢泉でひと休み。ここも赤坂泉と同じく清冽な水に満たされ、野生生物の楽園となっている。続く愛媛県緑化センターでは四季折々の植物を楽しめる。
 拝志大橋脇で県道209号線、上重信橋脇で市道を渡り、手つかずの自然が残る柳原泉へ。
 この先は一般道となるため少々わかりづらいが、松山自動車道の高架をくぐり、工場裏手の未舗装路をわずかに進んだ見奈良大橋を渡る。川の左岸には整備された自転車道が復活し、1・7km先の新横河原大橋をくぐった先が終点となる。

●一般道に合流した後、左手に見える麻生橋を渡る


県道23号線と県道194号線が接する変則の十字路は、右斜め前に延びる県道194号線を進む


●子供が大好きなえひめこどもの城(開園時間:9時~17時、休園日:月曜※2月以降は水曜、入園料:無料※遊具等の使用料は別途、TEL.089・963・3300)

●一般道に合流した道は、連続する右折を経て堤防上に戻る

●龍沢泉の清冽な水に、思わず手を浸してみる

●四季折々の植物を楽しめる愛媛県緑化センター(開所時間:9時~17時、休所日:月曜※祝日の場合は翌日、入所料:無料、TEL.089・964・5527)

●一般道に合流し、松山自動車道の高架をくぐる

●工場裏手の未舗装路をわずかに進む
地図拡大
●計画距離(整備済み距離)
24.5km(12.7km)
●区間
出合大橋-(0:13)1.78km→松山中央公園-(0:09)3.19km→中河原橋-(0:09)2.14km→松山自動車道交差-(0:05)1.03km→赤坂泉-(0:12)1.36km→麻生橋-(0:12)3.84km→こどもの城-(0:32)7.64km→上村大橋-(0:15)1.07km→愛媛県緑化センター-(0:11)3.12km→美奈良大橋-(0:09)1.72km→自転車道終点
鉄道の場合:
[往路]JR予讃線「市坪駅」(高松駅からJR予讃線経由 3時間29分、5810円)の正面が、自転車道途中の松山中央公園となる。
[復路]自転車道終点に近い横河原橋から県道334号線を西進し、重信町横河原交差点を左折した先が伊予鉄道横河原線「横河原駅」(高松駅まで伊予鉄道横河原線、伊予鉄道1系統、JR予讃線経由 3時間50分、6460円)となる(3分、0.6km)。
クルマの場合:
松山自動車道「松山インター」(「高松中央インター」から高松自動車道、松山自動車道経由 3750円)から国道33号線、県道23号線を経由した自転車道途中の赤坂泉に無料駐車場がある。
●問い合わせ先
愛媛県土木部道路維持課
TEL.089・941・2111
●最寄りのサイクルショップ
上野サイクル
TEL.089・956・3256
ウエスト・フィールド
TEL.089・976・8795
進輪サイクル
TEL.089・963・0521
●最寄りのサイクリング道路
重信川の対岸に、市が管理する松山サイクリングロードがある。
TEL.0492-24-3446