トピックス

第23回全日本シクロクロス選手権 エリート男子は小坂光が初勝利

2017年度シクロクロスの全日本チャンピオンを決定する大会、第23回全日本シクロクロス選手権が、長野県南佐久郡南牧村野辺山の滝沢牧場特設コースで行われた。

エリート男子クラスは、3選手三つ巴の戦いを小坂光(宇都宮ブリッツェン シクロクロスチーム)が最終周回にて制した。

 
text:中村浩一郎 photo:岩崎竜太

三つ巴の戦い「自分を信じ抜いた」小坂光が初勝利

エリート男子のスタート。前田公平を先頭に1コーナーへ

2017年度シクロクロスの全日本チャンピオンを決定する大会、第23回全日本シクロクロス選手権が、長野県南佐久郡南牧村野辺山の滝沢牧場特設コースで行われた。エリート男子クラスは、3選手三つどもえの戦いを小坂光(宇都宮ブリッツェン シクロクロスチーム)が最終周回にて制した。

昨日までには気温マイナス15度の時もあったという冬の野辺山は、全日本選手権レース当日、太陽のある時は小春日和だった。昨晩に長野県・野辺山周辺を白く覆った雪は、エリート男子出走の頃には溶けていた。雪は泥に変わりながらもある程度コースを固め、スピード感のあるレースが展開された。

スタート直後に飛び出したのは前田公平(弱虫ペダル サイクリングチーム)。「直近のレースをいいイメージで走れているので楽しみです。ただ、泥は苦手です(笑)」。観客の下馬評も高く、今シーズンは『乗れて』いる印象のまま加速する前田に、小坂、沢田時(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)、横山航太(シマノレーシング)が飛び乗ってまずは4人が先頭、序盤のレースを作り上げる。そして中盤を待たずに、昨年の全日本覇者である沢田が先頭から脱落。「踏まなければいけないところで、力が足りず、ついた差を縮められませんでした」(沢田)

 
小坂(左)と前田(右)
横山(右)の後ろに沢田

前田、小坂、横山の3人となったトップ集団はレース後半、「みんながみんな、ギリギリで走っていました」(小坂)との言葉通りのデッドヒートを展開し始める。細かいコーナーが多く、上りでの仕掛けどころもいくつもあるこのコースだが、限界近くで走る3人に走りの隙はほとんどなく、走り続ける限り3人の力はまさに均等だった。
 

その均衡を崩したのが、コースのコンディション、そして転倒だった。それまで、部分ごとに泥で緩みながらもハイスピードだったコースは、陽が傾くと泥が凍り始めた。まず最初は小坂だった。それまで問題なかったコーナーで突如滑り転倒。曲がったハンドルを直すうちに横山と前田は先に行く。だがそこで「調子が良かったので」と小坂はその後の上りで追いついた。「ミスをしないことが大事だな、と思いました。その後は冷静に、とにかく冷静に走って」(小坂)。

「前周回まではシャーベット状だった路面が、次の周では凍っていました」。その凍った路面で大きく転倒した前田が、そこで完全に先頭から脱落。そこから3周を残し、先頭は横山と小坂の一騎打ちとなる。そして残り2周になった時点で、今度は横山が「無理をしすぎました」と転倒、小坂が先を行く。「ここで光さん(小坂)と差が開きました。最後の上りの頂上までに追い付ければチャンスはあると思っていたのですが……」(横山)
 

小坂も限界に近かった。「とにかく自分を信じて、いける、勝てると言い聞かせて走っていました」。そして小坂は、その気持ちのまま最終周回を、冷静に、ミスなく、先頭で走り抜く。長年の念願だった全日本チャンピオンジャージを2017年、小坂はついに手に入れた。
 

エリート男子リザルト



エリート男子 (8 laps)
1 小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム)1:03:51
2 横山航太(シマノレーシング)+0'08"
3 前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)+0'37"



大会名: 全日本選手権自転車競技大会-シクロクロス
開催日: 2017/12/10
開催地: 長野県・滝沢牧場特設コース
主催・主管: 日本自転車競技連盟