トピックス

自転車本来の楽しさを手軽に “新感覚e-MTB“「パナソニック・XM1」が登場!

ここ数年、世界的な風潮だった電動アシストMTB。それが日本でもついに、パナソニックから発売される。
人力だけのMTBとは違う「上りを楽しむ」感覚、新ブームの到来なるか!
text:中村浩一郎、編集部  photo:佐藤正巳

荷物の重さを感じさせない。 旅の相棒にも最適

パナソニック・XM1シマノ・SLX完成車価格/33万円(専用充電器を含む・税抜)
電動アシスト付きのMTBが、ついに日本でも発売される。電動アシストの力がオフロードで発揮されるというのは、全てのレベルのライダーに、想像以上の走破性とスピードを、しかも平等に持たせるということだったのだ。それをこの〈パナソニック・XM 1〉が実証した。
これまで世界的な潮流ともなっていた、電動アシストMTBことe‐MTBの波。その日本初となるモデルをパナソニックが発売する。走り心地は、これまでのMTBとは違った遊び方を教えてくれる。

まずこれで楽しくなるのは上りである。ペダルを踏み込むと、その力をスイッとサポートし、どんな状況でも踏み抜かせてくれるスポーツドライブユニットのパワーアシスト。これがMTBという遊びをガラリと変えてしまうのだ。近くの里山へ、ちょっと走っていこうと思うとき。ハンドルに付いたスイッチでアシストモードを操作して、平地を走るときにはECOモードで賢く走り、山の中に入ったときにはHIGHモードで全ての上りを平地にする。そんな遊び方ができるようになったのだ。

今そこにある丘をグイッと上れるというのは、それだけでいろんなことの可能性を広げてくれる。峠を越えていくのも簡単に、体力のある人も、そうでない人も同じ スピードで、同じように走れるようになる。女性でも男性でも同じコースを体力差なく楽しめる。電動アシストはつまり、全てのライ ダーを平等にするのだ。

そしてバイクにいろんな荷物を積み込めるバイクパッキングとも、e‐MTBは相性がいい。大きなサドルバッグにたくさん荷物を詰め、リュックを背負わず軽々走れる。重いものを積んでもつらくないのがe‐MTBの良いところ。とにかくこの走破性は並じゃない。ゲレンデぐらいならクグイグイと上っていく。しかも挙動は自転車なのだ。
e‐MTBは、人力MTBとはまったく違う、新感覚で新しい遊びの乗り物だ。電動アシストの特性は上りの急な山にこそ向いていたようだ。こんな乗り物がすぐに買える時代であるのをうれしく思う。
 
舗装路を走るときはハンドルに付くスイッチを押して、サスの動きを止めるといい。レバーの操作感も軽い
オフロードで揺れていても見やすい大きさと明るさ、そして情報量である。現在の速度、平均、最高、積算、そして残走行距離を表示。操作はハンドル左手元のスイッチで行う
フロントのサスフォークは100mm動き、荒れた路面やうねる地形を走りやすくする
BB部と一体化したスポーツドライブユニット。興味深かったのは、反対側にあるチェーンリングが、クランクラッチのような働きをさせているのだ
バッテリーの持ちは、HIGHで約42km、AUTOで約54km、ECOで約78kmの走行距離とある。実感としては、HIGHモードで坂を1時間ガンガン上り続けて40%消費、という感覚だ

ライダー中村によるインプレッション 「快適なアシスト力で山を遊べる」

結論から言うと「上りが楽しくなる」MTBだ。MTBに関する唯一の残念な要素、上らなくてはいけないこと、がなくなったのだ。ぐんぐん上っていく感じ、これが何より楽しい。そのモーターもバッテリーも、重いといえば重いのだがその重量配分がいいのか、挙動を邪魔する感じはない。
軽く飛んでもみたが、慣れれば操れそうだ。そしてその走りを楽しみ尽くすならぜひHIGHモードに。バッテリーが重いのでフロントが持ち 上がることなく、激坂をグイグイと上っていける。踏めば必ず素直にトルクが出るので、低速や急な地形での走りで実際転びにくくなっている。これはうれしい。ただ重い分、下りは少し自重して。標準でeバイク用の2.2サイズのタイヤが付くが、これをもっと太いも のに変えて乗ってみたい。


中村 浩一郎
MTBライダーとして乗り続け、MTBライターとして書き続け25年。MTBも面白いスポーツだけれども、e-MTBになるとまた違った楽しさを味わわせてくれる乗り物だと思った。


 

普段はロードバイクしか乗っていない 本誌編集部・大宅もインプレ!

MTBに興味はあるけど買 うまでは......というロード乗りは多いと思うが、このバイクに乗れば一発でその魅力にはまると感じた。アシスト力がMTBヘの一歩 をアシストしてくれるかのよう。近くで試乗会があれば、 ぜひ乗ってみるべき一台だ。

spec.

フレーム●アルミ フォーク●SRサンツアー・レイドンXC100mmトラベル&15mmアクスル メインコンポ●シマノ・SLX ホイール●アルミリム+シマノデオーレ(フロント:スルーアクスル、リヤ:クイックリリース) タイヤ●マキシス・アイコンebike 27.5×2.2  ハンドルバー●アルミフラットバー(幅580mm) ステム●アルミ(90mm、-10°) シートポスト●アルミ サドル●セラロイヤル・ミロ1402HRN サイズ●400 カラー●マットチャコールブラック 重量●21.8kg

 

問い合わせ先

パナソニックサイクルテック
0120・781・603
http://cycle.panasonic.jp/special/xm1/