トピックス

トレック・ヴァーヴ+ 日本市場向けプレミアムクラスeバイク

欧州では市場を確立したeバイク。単なるシティーコミューターモデルから、MTB、そして高級機種まで幅広いラインナップが展開されている。そして2018年は、アシストユニットの規格が違う、独自市場を持つ日本にも、海外メーカーの本格参入が始まる。トレックからも、ボッシュ製ユニットを搭載したeバイクが登場だ。
 
text:中島丈博 photo:吉見幸夫

よりハイクラスなeバイクを


欧州ではすでに市場を確立しているeバイク。2018年モデルでは各社から日本仕様になったモデルがいくつか販売スタートになる。そこにトレックが用意したのがヴァーヴ+だ。

電動ユニットにはボッシュの高級ライン「アクティブラインミッドドライブ」を採用。ユニットに搭載されたトルク、スピード、ケイデンスセンサーから最適なアシストパワーを計算し、スムーズで快適な走行を実現。アシストレベルは5段階から選ぶことができる。もちろん、アシストレベルは日本規格に準ずるものにセッティングされているので公道での使用が可能。

試乗した感覚は、アシストモーターが作動しだすときの「ガツンッ」という衝撃がなく、非常になめらかにパワーが立ち上がってくる。クルマで言えばミッションにCVTを搭載しているモデルのような感じと言えばわかりやすいだろうか。

フレームは、トレックの定番「アルファアルミ」。スポーツバイクメーカーならではの安定性の高いジオメトリーを用意し、走行性能にも抜かりはない。eバイクだからといって走りの安定感が低い、ハンドリングに違和感があるといったことがないように、というのがこだわりだ。

リヤはシマノ・アリヴィオ外装9速が搭載される。スムーズなアシストに加えて、より細かく付加を調整して走ることができる。

バッテリーはダウンチューブにセットされ、バッテリーの幅に合わせてダウンチューブもデザインされている。ヘッドチューブとリヤフェンダーにはライトが取り付けられており、オンオフはハンドルにセットされたスイッチで操作できる。



 
ディスプレイにはスピード、走行距離、走行時間、走行可能距離残数が表示される。また外装変速の何段目が最適なのかも通知してくれる
バッテリー容量は400Wh。フレーム形状もバッテリーのシェイプに沿うようにデザインされている。約2.5時間で充電が完了するのも魅力
パワーユニットは、3軸センサーにより最適なスピードとアシストを実現する。国際的なプロダクトデザイン賞も2017年に受賞
前ライトはヘッドチューブに、テールライトはフェンダーにそれぞれ一体となった設計。使用されるのは、ボントレガーの高い被視認性を誇るモデルだ

ヴァーヴ+

シマノ・アリヴィオ完成車価格/21万3000円(税抜)

フレーム:アルミ 
フォーク:アルミ 
コンポーネント:シマノ・アリヴィオ 
パワーユニット:ボッシュ・アクティブラインドライブユニット(250w、40Nm)
ハブ:フォーミュラ・DC22 
リム:ボントレガー・コネクション 
タイヤ:ボントレガー・H5ハードケースアルティメット 700×45C 
サイズ:16インチ、18インチ、21インチ


 

問い合わせ先

トレック・ジャパン
https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/