トピックス

ルック・785ヒュエズ クライマー待望のモデル

非常に競技志向の強いフレンチブランド「ルック」。ラインナップはモデル数こそ多くはないが、個性あふれるバイクたちがそろう。ただ、そのラインナップには最近のトレンドであるエアロ、エンデュランス、軽量の3本柱のうち、軽量モデルが欠けていた。そのピースを埋めるべく登場したのが785ヒュエズだ。
 
text:Takehiro Nakajima photo:Takehiro Nakajima、LOOK

“あの峠”の名を持つバイク。785ヒュエズ

フランス、リヨン・サン=テグジュペリ空港からクルマで2時間弱。ロード乗りなら知らぬものなき名峠ラルプ・デュエズ( L'Alpe -d'Huez)。ツール・ド・フランスで何度となく登場し、ドラマチックな闘いが繰り広げられた上りだ。その名を冠したバイクが登場。

上りきったところにあるホテルで発表されたモデルは、「785ヒュエズ」。785は、最近のルック製品から比べるとずいぶん淡泊ないでたち。ラインナップに欠けていた、軽量モデルを用意したかったというのがこのモデル登場の理由。795ライトも充分に軽いと彼らは主張していたが、ルックが本気を出して作った軽量バイクをユーザーも待っていただろう。

ラインナップは2種類。ベースグレードの785ヒュエズと、より軽量な785ヒュエズRSだ。開発コンセプトは、軽量で、快適で剛性があって信頼性があるバイク。そのためにチューブ形状をイチから考え直した。フォークブレード、トップチューブ、ダウンチューブそれぞれにかかる応力をCFD解析し、1cmごとに最適な形状を算出。見た目にはシンプルなチューブ形状も、微妙な変化を与えられている。

もうひとつの重要な技術が、ナノレイヤーカーボン。通常カーボン製品は何枚ものカーボンシートを重ねることで、求める性能を出しているが、その1枚1枚を薄くする技術。薄いがゆえに、同じ厚みのカーボンパイプを作ったとしても、より多くの種類のカーボンを使い分けることができるので、カーボンパイプの特性を、より細かくチューニングできる。組み付けるパーツの互換性についても大きな変更があった。直近に発表されたハイエンドバイクは独自機構のステム、シートポスト、クランクを装備。795エアロライトはブレーキも専用品だった。

785ではこれらを全てやめ、通常のステム、27.2mm径のシートポスト、プレスフィットBB86.5(以下PFBB86.5)に24mm径のクランクシャフトに対応した。この結果、785ヒュエズRSはSサイズフレーム+フォークで1010gという軽さを実現。

ただし、ライダーの体重制限は100kgだ。そしてルック初のライフタイムワランティーも付加されている。

785ヒュエズRS

チーム仕様は、スラム・レッドeタップにコリマMCC+を セットし、完成車重量5.9㎏を達成している
ワイヤ類はヘッドチューブから内蔵可能。795シリーズのような複雑なワイヤルートは今回はなし
フォークはシンプルだが個性的な断面形状。コラムからフォーク先端まで1枚でつなが ったカーボンレイヤーが存在するので、軽量だが高い強度、剛性を併せ持つ
リヤブレーキアウターワイヤは非常に短い。完成車にしたときに、少しでも重量を軽く仕上げるためだという
最上位最軽量グレードのみ、ZED2クランク搭載。 オプションでSRMを搭載したZED2クランクも販売されている
こちらは通常の24mm径のクランクシャフトが使える タイプ。BBはプレスフィットタイプになる
クランクとチェーンステーのクリアランスは十分にあるので、各社のクランク型パワーメーターの装着が可能

国内販売価格未定

問い合わせ先

ユーロスポーツインテグレーション
http://www.eurosports.co.jp/