トピックス

シマノ 新型アルテグラR8000系シリーズ発表

新型アルテグラR8000系シリーズが登場した。デュラエース同様、形式番号のアタマにロードを意味する”R”が追加。それに続く数字は、前作の6800系シリーズから、8000へと最初の数字が一気に2つ上がったことに、シマノの意気込みを感じる。
 
text:中島丈博

機械式、Di2、ディスクブレーキ


ここ最近のアルテグラは、ある意味デュラエース以上に注目を集めているといえる。それは、シマノのコンポーネントの性能が全体的にレベルアップしていることに起因する。最高峰のデュラエースは”レースで勝つため”に開発されている。それに対してセカンドグレードのアルテグラは、デュラエースで培われた性能をより多くのライダーに提供することに主眼を置いて設計されている。それゆえ変速機は機械式とDi2が用意され、リヤカセットスプロケットのワイドレシオに関してはアルテグラの方が先に登場。デュラエースが後から追いかける形になった。

「価格も大事だが、最高の性能を出すために最高の素材、作りで設計できる」のがデュラエースであるのに対して、アルテグラの開発は価格と性能をバランスさせるという別の難しさがあるだろう。それに対する一つの答えがR8000シリースなのである。機械式、Di2に加え、ディスクブレーキモデルももちろんラインナップされる。これからディスクブレーキロードを組もうと考えた場合、かなり魅力的な選択肢になることは間違いない。

またこの先、R8000シリーズで組まれる完成車が続々と発表されることになるだろう。それでは各パーツを見てみよう。
 

クランクセット

FC-R8000
クランクセットのデザインはデュラエースを踏襲したもの。設計が刷新された前後ディレーラーに合わせてベストな変速性能を実現する。

歯数構成
53×39T(重量/690g、税抜価格/2万5955円)
52×36T(重量/681g、税抜価格/2万5955円)
50×34T(重量/674g、税抜価格/2万5955円)
46×36T(重量/668g、税抜価格/2万5390円)
 

デュアルコントロールレバー

機械式変速+リムブレーキ用ST-R8000
機械式変速+油圧ディスクブレーキ用ST-R8020
Di2+リムブレーキ用ST-R8050
Di2+油圧ディスクブレーキ用ST-R8070
デュアルコントロールレバーは機械式、Di2それぞれにリムブレーキモデルと油圧ディスクブレーキが揃うので、計4モデルがある。特に油圧モデルはデュラエースゆずりのコンパクトな形状になっているのは大きな魅力だ。Di2モデルに関しては、もちろんEチューブプロジェクトというアプリを介して、各シフトボタンの機能や、変速スピード、多段変速の段数をカスタマイズできる。

油圧ディスクブレーキモデルの機械式変速タイプの場合、リザーバータンクがレバー先端部分に収まるので、レバー前半が大きくなっている。根元側はリムブレーキ用と同寸になっており、ライダーが違和感少なく使い続けられるように工夫されている。

Di2の場合は、リザーバータンクはレバー根元側に位置しているので、サイズの差はほぼないと言える。

R8000シリーズになって、レバーの形状が若干変更された。前から見るとより「ハの字」になるよう、外側にレバーが開いた。レバー自体の形状も少しエッジがあるデザインになっている。これは操作時に指がしっかりとかかる感覚を実現し、操作感を向上させるためだという。


ST-R8000 重量/438g、価格/3万2989円(税抜)
ST-R8020 重量/550g、価格/5万2687円(税抜)
​ST-R8050 価格/3万1697円(税抜)
​ST-R8070 価格/5万2318円(税抜)

フロントディレーラー

FD-R8000 機械式フロントディレーラー
FD-R8050 Di2フロントディレーラー
フロントディレーラーもデュラエースを踏襲したデザイン。ワイヤのルートを変更し、より少ない力でスムーズに変速できる。6800系では二通りあったワイヤルーティングが1つになり、フルアウターなど、さまざまなルーティングに対応。ケーブルアジャスト機能をディレーラー本体に搭載することで、調整がラクになった。本体がコンパクトになったことで、タイヤとのクリアランスが広がり、太いタイヤを使用しても適正なクリアランスを確保できる。キャパシティーは16Tだ。


FD-R8000 重量/92g(直付)、価格/4902円(税抜)、
FD-R8000 重量/106g(バンドタイプLサイズ)、価格/5353円(バンド径34.9mm、税抜)、5407円(バンド径31.8mm、税抜)
FD-R8050 価格/2万1256円(税抜)
 

リヤディレーラー

RD-R8000
RD-R8050
リヤディレーラーは、デュラエースでも採用されたシャドータイプに。MTBで培われた、側方への張り出しが少ない設計は、転倒時にディレーラーが破損するリスクを抑えるほか、ディスクブレーキロードのようにエンド幅広いバイクでも、そのメリットがより大きくなる。

デュラエースでは、プーリーケージにミドルケージを採用することで、1モデルですべてのリアスプロケット歯数に対応したが、アルテグラでは11-25Tと11-30Tに対応するSSモデル(トータルキャパシティー35T)と、11-28Tと11-34Tに対応するGSモデル(トータルキャパシティー39T)の2つが用意される。


RD-R8000-SS 重量/200g、価格/8617円(税抜)
RD-R8000-GS 重量/210g、価格/9181円(税抜)
RD-R8050-SS 価格/2万5561円(税抜)
RD-R8050-GS 価格/2万4996円(税抜)

ブレーキ

BR-R8000 ノーマルブレーキキャリパー
BR-R8010 ダイレクトマウントブレーキキャリパー
BR-R8070油圧ディスクブレーキキャリパー
SM-RT800ディスクブレーキローター
アルテグラR8000シリーズ、ブレーキラインナップ。リムブレーキのノーマルキャリパー、ダイレクトマウントはもちろん、油圧ディスクブレーキもそろう。ダイレクトマウントタイプはタイヤ幅28Cまで対応。

ディスクブレーキは、冷却性能に重きをおいたシマノの設計を踏襲しておりキャリパー、ローターともに冷却フィンが目立つ。

デュラエースではローター内側の放熱フィンが黒色なのに対して、アルテグラはアルミ地そのままのシルバーだ。デュラエースもアルテグラも、ローターの構造はほぼ同じだが、デュラエースの放熱フィンには、より冷却性能を高めるための塗料が塗られている。そのため黒色なのだ。


BR-R8000(ノーマルキャリパー) 重量360g(前後セット)、価格/1万3814円(税抜)
BR-R8010-F(ダイレクトマウント、フロント用) 重量174g、価格/7884円(税抜)
BR-R8010-R(ダイレクトマウント、リヤチェーンステー用) 重量160g、価格/6912円(税抜)
BR-R8010-F(ダイレクトマウント、リヤシートステー用) 重量172g、価格/7884円(税抜)
BR-R8070(油圧ブレーキキャリパー) 重量280g(前後セット)、価格/6549円(フロント、税抜)、価格/6323円(リヤ、税抜)
SM-RT800(油圧ディスクブレーキローター)  重量127g(160mm)106g(140mm)、価格/4754円(160mm、140mm、税抜)

カセットスプロケット

CS-HG800-11
リアスプロケットのラインナップは11-25T、11-28T、11-30T、11-32T、12-25T、14-28T、そして11-34Tという超ワイドレシオが登場。フロントにコンパクトクランクを装備すれば最も軽いギア比で1:1を実現する。

CS-R8000 価格/7697円(11-25T、11-28T、税抜)、8291円(11-30T、11-32T、税抜)、7697円(12-25T、税抜)、8291円(14-28T、税抜)
CS-HG800-11 価格/8696円(11-34T、税抜)

ビンディングペダル

PD-R8000
カーボンコンポジットボディーのペダルも登場。非常にワイドな踏み面が、ペダリングのパワーをしっかりと受け止める。アルミプレートも最小限の面積に抑えられ、軽量化にも積極的に取り組んでいる事がわかる。軸調はノーマルタイプと+4mm長くなった2モデルがある。

PD-R8000 重量/248g、価格/1万4557円(税抜)、1万4792円(+4mmモデル、税抜)

タイムトライアルバイク用パーツ

ST-R8060
SW-R671
TT用モデルも。変速動作はシフトアップ、シフトダウンの操作だけで前後のギアを最適な組み合わせにしてくれる「シンクロシフト」モードのみ。

ST-R8060 価格/3万2579円(デュアルコントロールレバー、税抜)、1万6051円(DHバー先端用スイッチ片側、税抜)


機械式のR8000は6月下旬発売予定。その他電動式とディスクブレーキタイプに関しては11月発売予定となっている。

新ホイール群も登場

WH-RS500
WH-6800の後継モデルとなるのが、このWH-RS500。仕様もWH-6800を引き継ぎ、チューブレス対応オフセットリムとなっており、練習用からレース、シクロクロスなど、なんでもこなせる万能ホイール。

・チューブレス対応
・オフセットリム
・重量:前/705g、後/944g(セット重量:1649g)
・リムハイト前/後 : 24mm
・リム幅 前/後 : 20.8mm
・スポーク本数:前/16本、後/20本

前後セット価格:4万8918円(税抜)
 
WH-RS700
WH-RS81シリーズの後継ホイールとなる「WH-RS700」。新設計のカーボンラミネートリム、チューブレス対応、OPTBALパターン、オフセットリムを採用し、WH-RS500より性能面、スペック的にも向上している。

 ・チューブレス対応
・アルミ/カーボンラミネートリム
・OPTBALパターン、オフセットリム
・重量:前/625g、後/943g(前/後:1568g)
・リムハイト:前/24mm、後/28mm
・リム幅F:前/後20.8mm
・スポーク本数:前16本、後/ 21本

・前後セット価格:8万3485円(税別)