トピックス

オランダ~ベルギー・フランダースin東京散走2017 サイクリングを通してオランダ、ベルギーの文化体験!

4月9日(日)に行われたオランダ~ベルギー・フランダースin東京散走2017。オランダ王国大使館をスタートし、日比谷公園のチェックポイントを通って、ベルギー王国大使館へゴールするおよそ10kmほどのコースだが、ロードバイクだけでなくクロスバイクやシティバイク、なかにはリカンベントで楽しむ参加者もいた。あいにくの雨ではあったが、普段なかなか入ることができない両大使館で異国情緒を感じ、走ったあとには豪華プレゼントが当たる抽選会なども行われ、およそ300人の参加者たちで大いに盛り上がりを見せた。
text:滝沢佳奈子 photo:山口顕太、滝沢佳奈子

あいにくの雨模様も、参加者は両国の文化に親しんだ

スタート前にオランダワッフルなどを楽しむ参加者たち
スタートする前に記念撮影!
4月9日(日)、外はあいにくの雨。参加者の多くが、レインウエアやレインコートなどを身にまとってオランダ王国大使館に集合した。第5回目となるオランダ~ベルギー・フランダースin東京散走2017は、港区芝公園にあるオランダ王国大使館がスタート地点に設定された。オランダ大使館は、立派な門をくぐると、チューリップなど両脇に色とりどりの花に出迎えられる。なかなか入る機会がない大使館に多くの参加者がワクワクした様子であった。参加者たちはスタートを待つ間に、オランダワッフルやコーヒーなどに舌鼓を打ちつつ、オランダの自転車メーカーである「コガ」の展示やオランダの風景体験ができるVRコーナーを見学していた。
ベルギー大使館に向けて出発!
スタート前にオランダ王国大使館のヘリッツセン氏から挨拶
コースは、オランダ王国大使館をスタートし、東京タワーの麓を通過、チェックポイントとしてKLMオランダ航空のスタンプブースが設置されている日比谷公園に立ち寄ってから、皇居の近くの桜の名所としても有名な千鳥ヶ淵公園の横を通り、千代田区にあるベルギー王国大使館にゴールするおよそ10kmほどのルートだ。当日は桜が満開の時期ということもあり、天気を除けばお花見サイクリングにもぴったりのコースであった。

スタート前にオランダ王国大使館公使のマーク・ヘリッツセン氏から、「ベルギー大使館に着く頃にはもっと大きな笑顔になるよう、楽しいイベントになればと思います。」と挨拶があったのち、およそ10名ほどのグループごとに時間をおいてスタートしていった。

走り出すと時間が経つほどに雨がだんだんと強くなってきた。それでも都内の移り変わる景色を楽しみながら、皆笑顔でサイクリングをしていた。自転車イベントとしては珍しく、参加者は女性がとても多い。男女比率としては半々ほどで、子どもから70代の方までがロードバイクだけでなく、クロスバイクやシティサイクル、なかにはリカンベントや二人乗り自転車で参加していた。距離が短いということもあり、家族連れでサイクリングを楽しむ人も多く見られた。千鳥ヶ淵の桜並木では、息をのむほど見事な満開の桜を横目に走ることができ、止まって記念撮影する様子も見られた。
 
東京タワーも雨雲で霞むような天気だったが、子どもたちも元気にスタートを切る
千鳥ヶ淵の桜並木の横を笑顔で通過

ベルギー大使館でベルギーグルメに舌鼓!

ゴール地点に着くと参加者は皆びしょ濡れ状態。体についた雨を払って暖かいベルギー王国大使館に入っていった。そこでは、ベルギーワッフルやフリッツ、ジェラートなどが待っていた。サイクリングだけでなく、両国の食文化の一部も体験できるのがこのイベントの魅力だ。到着した順で振る舞われる食べ物に列をなしていた。こちらでは、ベルギーの自転車メーカーとして有名なエディメルクスの車体の展示や、サイクルウエアブランドのカペルミュール、パーパス・ジャパンの自転車旅行の紹介などのブースが設置されており、多くの人の興味を引いていた。
 
ベルギー王国大使館に到着すると、美味しいフリッツが待っている
ベルギーと言えばベルギーワッフル!
全員がゴールすると、ベルギー王国大使館、経済部長のヴァン・タッセルさんから参加者に労いの言葉がかけられた。来年の開催についても、「昨年2016年は日本とベルギーの友好150周年で、そのイベントが今年の2月に終了したんですが、2020年の東京オリンピックに向けて、こういったスポーツ関連のイベントを大使館としても今後少しコンセプトは変わってくるかもしれませんが続けていきたいと思っています。」と語った。

最後に行われた抽選会では、両国の大使館や観光局からのプレゼントが用意された。大賞はなんと、KLMオランダ航空提供の日本~アムステルダム往復航空券ペア1組! 多くの人が「当たれ!」と念じながら抽選する様子を見守る。名前を呼ばれた幸運の持ち主は、信じられないという表情で受け取っていた。

豪華なプレゼントもあり、文化的な一面も楽しめる本イベントは来年も開催予定だ。年々参加希望者も増えており、初心者にもハードルが低い。サイクリングを通して、オランダ、ベルギーという国を知ることができるこのイベントに次回は参加してみてはいかが?

 
参加者をねぎらうベルギー大使館のヴァン・タッセル氏
見事往復航空チケットをゲットした参加者は、まさか当たるとは……と驚いていた
千葉や東京などさまざまなところから集まった仲間で参加したという方も皇居のお堀の見事な桜の前で記念撮影
エディメルクスのバイクも展示されていた
最後は全員で記念写真! 来年は晴れるといいですね!
主催:オランダ政府観光局 ベルギー・フランダース政府観光局
後援:オランダ王国大使館 ベルギー王国大使館
協賛:KLM オランダ航空

問い合わせ先

オランダ〜ベルギー・フランダース in 東京散走 2017
www.hollandflanders.jp