トピックス

《手ぶらでマウンテンバイク》vol.1 富士見パノラマ MTBパーク

レンタルマウンテンバイク(MTB)でライドを楽しもう! そんな趣旨でレンタルマウンテンバイクで楽しむ機会を紹介する《手ぶらでマウンテンバイク》。今回はMTBコースの代表『富士見パノラマ』が今年、初心者/家族向けの新コースを新設、手ぶらでマウンテンバイク主義者にも嬉しく生まれ変わったというお話だ。
 
text&photo:中村パンソニ

家族全員でMTB体験ができる イージーコースを新設

 
富士見パノラマリゾートは、日本MTB常設コースの代表格として、20年以上の歴史を誇り、長くMTBライダーに、特にダウンヒルライドを楽しむライダーたちに愛されてきた。

周りを見回せば、「フジミ? 昔、MTB乗りに行ったことあるよ」なんていう方もちらほらいるかもしれない。
 
 
『フジミ』のおもなイメージはこれまで、『ゴンドラを使った爽快なダウンヒル』だった。前後サス付きのバイクと一緒に山頂まで登って、ウッヒャアと下ってくるのがもっぱらの楽しみ方だった。
 
ただこのコースレイアウトは、スピードを出して飛ばすのが好きな人にはいいけれど、「自称! 超初級者」には少々ハードルが高いこともあった。
 
それが2015年、新たに生まれ変わった。MTBを走らせる楽しさを改めて体験できる、『走って心地よい』をテーマにした、リフトを使う新コースである。
 
MTBを持たずに、その楽しさだけを体験したい、というあなたに、すべてのMTB好きが、「ここに走りに行こうぜ」と勧められる常設コースになったのだ。
 

まずは『イージーライド』で小手しらべ。右に左に重心移動を

 
 
入門コースの『イージーライド』、森の中の『トレイルライド』、そしてテクニックを磨ける『スロープライド』。
 
ゴンドラではなく開放的で短いリフトを使って上っていくのは、なかなかにMTBというスポーツの楽しさを改めて思い起こさせてくれる。

リフトに乗るのは大変楽しく開放感がある。乗り場降り場で自転車を持ち上げてくれるスタッフの皆さんに感謝!
 
お友達と一緒にリフトに乗れるのは最高だね! 今回は一緒に走った高松健二くんに、写真を撮るのを手伝ってもらいました! 
 
 
 
 
リフトを降りてイージーライドを選べば、そこには、緩やかで爽やかなコースが広がっている。うん、この光景は見たことがある。たしかコロラド州のヴェイルだったような気がする。

ここではMTBの醍醐味である、ペダルを漕がずに下っていく、ヒュルーンとした下りでのあの感じ、それを楽しめる。コースは右に、左へと曲がっていて、特にコーナーでは、スキーで味わうような、体重移動で曲がっていく感覚を存分に使える。「イージーライド」でMTBを乗りこなす感覚をまずはつかんでおこう。
 
初めてのMTBなら、リフトを使って、このコースを繰り返し下っているだけでも相当楽しい。おれは自転車乗れるぞ、っていうあなたも、ペダルを漕がず、椅子に座らず走っていくMTB独特の感覚に、まずはこのコースの流れで慣れておくといいだろうね。
 

MTBの操作に慣れてきたら、今度は『トレイルライド』!

 
MTBの操作に慣れてきたら、今度は『トレイルライド』、森の中のライディングだ。ここはマウンテンバイクらしいコース、そして景色。路面に敷かれたおがくずが柔らかく、グリップもよい。コーナーにはきれいに回れるバームがついているので、安全なスピードでゆったり曲がれる。
 
山の中にある実際のトレールを走るのは、MTBに乗り始めの方々には、ちょっと勇気が必要なこともある。そのトレールで走る感覚を、この『トレイルライド』コースなら、存分に味あわせてくれるのだ。
 
この林間トレイルライドコースは、コース下部のクロスカントリーコースにつながっている。全日本選手権などにも使われた、本格的なレースに使われたコースを走るのもいいし、リフトで登り返してもいい。
 
 
そしてトレイルコースの最後は、そのまま、ダートジャンプにもつながっている。
 
スピードと角度は、コースビルダーとしても高い実績のあるトップライダー、YBPの栗瀬裕太氏により作られており、雨の日でも走りやすく、滑りにくい土質でできているところがすごい。

初級用、上級用と二つのセクションがあるので、まずは初級ジャンプで、コブを越えていく感覚をつかむといいだろう。
 
ジャンプのヒントとしては、ジャンプに入る前に、サドルを目一杯下げておくこと。
 
よくサドルが高いままジャンプしようとする人を見るけど、これは正直飛びにくいし、危ないよ! MTBを楽しく走るには、サドルの上げ下げがコツなんですね。これ、ロードバイクと大きく違う点の一つ。
 

レンタルバイクも、もちろんあります

 
レンタルバイクは、このらくらく系コースからダウンヒルまで楽しめる高級フリーライドバイクを1日6,700円(税込)で借りて、ゴンドラダウンヒルまで1日まるまる富士見を楽しむか。
 
あるいはハードテイルを3,100円(税込)で2時間借りて、らくらくコースを気楽に半日楽しむか。キッズバイクもランバイクのレンタルにも、ブランド車が完備されている。
 
そしてバイク+ヘルメット+グローブのセット、スクールとのセットなどお得なパック料金も設定されている。
 
家族でMTBを楽しもうと考えているなら、まずはレンタル&スクール担当のバックヤードガレージハウス のウェブサイトをチェックしてみよう。

バックヤードガレージハウス http://www.backyardgaragehouse.com
 

富士見パノラマ MTBパーク

 
所在地:長野県諏訪郡富士見町富士見6666−703
TEL.0266-62-5666
http://www.fujimipanorama.com/mtb/
営業期間:4月25日(土)~11月3日(火・祝)
9:00 ~ 16:00  ※7/27~8/31は毎日8:30~
定休日あり、詳細は公式ウェブにて



《手ぶらでMTB》vol.2 ふるさと納税してMTBツアー走って。山伏トレイルツアーに見るガイドツアービジネスの成功モデル
http://www.cyclesports.jp/articles/detail/58466

《手ぶらでMTB》vol.3 この冬のマスト 「スノーをファットバイクで走る」その楽しさ2つ
http://www.cyclesports.jp/articles/detail/59311

《手ぶらでMTB》vol.4 2020年までに走っておきたい『日本サイクルスポーツセンター』MTBコース
http://www.cyclesports.jp/articles/detail/60183