Topics

CICLISSIMO(チクリッシモ)2015

フォトグラファー・砂田弓弦(すなだ ゆづる)氏は、シーズンを通して主要サイクルロードレースを取材している第一人者。その砂田氏が監修するサイクルロードレース専門誌・チクリッシモは、2006年6月の創刊以来、2014年までに43号をリリース。臨場感あふれるグラフィックと他では読むことのできないレポートがマニアを魅了し続けている。
2015年は、3月、5月、6月、8月、10月、11月発売、計6号を刊行。
 

チクリッシモ no.49 ジャパンカップ&さいたまクリテリウム特集号

■「チクリッシモ no.49」
2015年10月に国内で開催された2大レース「ジャパンカップ」と「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」特集号。レース本番からアフターパーティー、交流イベントまでイラスト&フォトレポートで紹介。2015年11月18日発売。


■「チクリッシモ no.43」
2014年10月に国内で開催された2大レース、ジャパンカップとさいたまクリテリウムを、レース本番レポートからアフターパーティーや交流イベントまでイラスト&フォトレポートで紹介。2014年12月17日発売。

 

CICLISSIMO no.48:ブエルタ&ロード世界選手権

 
■「チクリッシモ no.48」ブエルタ・ア・エスパーニャ、ロード世界選レポート。2015年10月15日発売。
ブエルタはファビオ・アール、世界選ロードレースはペテル・サガンがそれぞれ初タイトルを獲得し、新風を吹き込んだ。ワールドツアー最終戦のイル・ロンバルディアも速報!
 

■「チクリッシモ no.42」ブエルタ・ア・エスパーニャ、ロード世界選レポート。2014年10月14日発売。
ブエルタはコンタドールが総合V3、世界選・男子エリートはクフィアトコフスキーが初優勝。ジャパンカップ、さいたまクリテリウムの観戦ガイド、サイン帳付き。

 

CICLISSIMO no.47:ツール・ド・フランス特集号

■「チクリッシモ no.47」第102回ツール・ド・フランス特集号は、全21ステージを現地取材で完全レポート。2015年8月19日発売、1620円(税込)。
特別付録:クリス・フルームのA2判ポスター
フルームが完全勝利のV2、幻に終わった コンタドールの“ダブルツール”、ツールに登場した第3世代空力バイク、インタビュー:ジロ・ローザ区間優勝の萩原麻由子
 
■チクリッシモ no.41は、第101回ツール・ド・フランス 全21ステージ 完全レポート号。特別付録は、新城幸也/マルセル・キッテルA2判両面刷りポスター!2014年8月20日発売。
「ニバリが3大ツールを制覇!」「解剖! ツールでデビューしたチーム機材」「強いフランスがツールに帰ってきた。ブライアン・コカの初出場ツール23日間」「大盛況の英国3ステージ」「インタビュー=ラルス・ボーム/サイモン・イェーツ」
 

CICLISSIMO no.46:ジロ・デ・イタリア特集号

■「チクリッシモ no.46」は、日本でも大人気のジロ・デ・イタリア特集号。全21ステージを現地取材で完全レポート。 2015年6月19日発売、1620円(税込)。
第98回 ジロ・デ・イタリア優勝!コンタドール・さらなる戴冠、インタビュー:トライアスリート、アダム・ハンセン、プロ選手のシューズとインソール、自転車競技強国の秘密に迫る !オランダ最大級の地域自転車クラブ探訪
 
■2014年6月19日発売「チクリッシモ no.40」ジロ初出場のコロンビア人、ナイロ・キンタナ(モビスター)が山岳TTで圧倒的な強さを見せつけて念願のグランツール初優勝を果たした。 特集はチームバイク解体新書、インタビューはL・サンチェス。ジロ・デ・イタリア撮り下ろし ポストカード付き。 
 

CICLISSIMO no.45:春のクラシックレース特集号

■「チクリッシモ no.45」は春のクラシック号。ミラノ~サンレモ、ツール・デ・フランドル、パリ~ルーベなど、日本でもJ SPORTSで観戦できるクラシックレースを詳細にレポート。2015年5月18日(月)発売、1620円(税込)。
保存版「砂田弓弦が解説 “ロードレースの見方教室”」、ロードの格闘技  “石畳クラシック”、インタビュー:ニキ・テルプストラ、ショーン・イェーツ。
 
■2014年4月発売「チクリッシモ no.39」 特集=プロチーム解剖「ランプレ・メリダの本拠を大公開」「密着!チームヨーロッパカーの1日」、1時間勝負 アワーレコード挑戦物語、とじ込み付録=春のレース撮り下ろしポストカード。2014年4月発売、1620円(税込)。
 

CICLISSIMO no.44:2015プロチームガイド&選手名鑑

■シーズン第1弾「チクリッシモ no.44」は、恒例の別冊付録「2015プロチームガイド&選手名鑑」号。レース観戦を楽しむための必携本として、全プロチーム、顔写真付き選手リスト、チームバイクなど最新情報を網羅している。アルファベット順の索引付きで、気になる選手を探しやすいのもポイント。ファンにはうれしい、キャノンデール・ガーミンのポスター付き!
2015年3月6日(金)発売、1620円(税込)。
目次、コンテンツはこちらでcheck!

■2014年3月17日発売「チクリッシモ no.38」は1575円。特集:伝説のクライマー没後10周年・パンターニのすべて。

 

第102回ツール・ド・フランス公式プログラム、6月19日発売!

■世界13カ国で翻訳出版されている「ツール・ド・フランス 2015 公式プログラム」の日本語版は、J SPORTSでのTV観戦マニア必携! フランスのパリにあるツール・ド・フランスの主催者ASOの許諾、協力のもとにチクリッシモが特別編集し、各チーム、選手、全ステージの詳細データ満載で「ツールのすべて」を知ることができる一冊。
全21ステージの特大ルートマップ付き。2015年6月19日(金)発売。
 
■2014年6月19日発売、第101回「ツール・ド・フランス公式プログラム」日本版独自記事:5回目の出場をねらう新城幸也。全21ステージの特大ルートマップ付き。 2014年6月19日(木)発売。
 

砂田弓弦 写真集

特に人気の高い2大レース「ツール・ド・フランス」「ジロ・デ・イタリア」に関しては、砂田弓弦氏が22年間にわたって撮影した中からベストショットをピックアップした写真集を絶賛発売中!

ツール・ド・フランス 七月の輪舞  2,625円
ジロ・デ・イタリア 薔薇色の輪舞  2,730円

日本初のワンデークラシックレース写真集「クラシックレース 壁のないコロシアム」。砂田弓弦が20年以上取材した中からベストショットをピックアップし、テーマごとに展開。エッセー28編やチクリッシモ連載記事「クラシックレース物語」もまとめた貴重な一冊。

クラシックレース 壁のないコロシアム 2,730円(2011年11月5日発売)

ツール・ド・フランス100回グレートヒストリー~祭りの日々~

2013年7月、世界最大にして最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスは100回大会を迎えた。これを記念して100回を網羅した、フランス原版の公式ヒストリーブックが日本を含む世界9カ国で刊行された。著者は、レキップ社の記者として長年自転車レースの報道に携わってきたセルジュ・ラジェ。ツールの図版収集家としても知られる。1903年から2011年まで、7つの時代に分けてツールの歴史を詳述。未発表を含む図版600点と500のエピソードを収録したツール史の決定版。
 
八重洲メディアムック387【ツール・ド・フランス100回グレートヒストリー~祭りの日々~】 
・セルジュ・ラジェ著 宮本あさか翻訳
・A4ワイド判・オールカラー400ページ
・美麗ジャケット装
・2013年2月22日発売 定価3,675円(本体3,500円) 
・八重洲出版発行 ISBN978-4-86144-290-2
 

問・八重洲出版 販売部 webstore-order@yaesu-net.co.jp
http://www.yaesu-net.co.jp/sales/index.html

 

問い合わせ先

チクリッシモのfacebook
03-3552-8431
https://www.facebook.com/CICLISSIMO.YAESU